リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、どこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。
2日目-3:ワルシャワ→日本 飛行時間10時間40分

 ポーランド航空機内

IMG_1667
機内は青と白で統一されてとても綺麗、座席と座席の幅もとても広く快適です。
IMG_1669
後部座席のブースはがらがら、5人程しか座っていませんでした。横3席を使って横になって寝ることも自由。
でも横になって寝るようにできていないのでごつごつして快適ではありませんでした。

 ポーラン航空機内食

IMG_1672
離陸後すぐに、夕食が出ました。
ハンバーグ・マッシュポテトとブロッコリーと人参添え、ツナサラダ・ハムトマト添え、マカロニサラダ、ケーキ、パン、水1.5Lのペットボトル1本
昨年2019年夏ポーランド旅行に行った時、ポーランド料理が美味しかったので期待していましたが、期待通り美味しかったです。1人に1本、大きなペットボトルの水がドンと配られたのにはビックリしました。
肉か魚か選べるのかと思ったのですが、一言もなく配られました。飲み物は何も聞かず通り過ぎ、後ろまでもらいに行きました。少し残念なサービスです。
IMG_1674
到着前に出た軽食
オムレツ・ハッシュドポテト・グリンピースソース添え、チーズ・ハム、果物、パン
食事が配られると、すぐ調査票が配られ、すぐ着陸。最後がとても慌ただしく、もう少しお客のことを考えて時間配分が出来ないのかと思いました。10時間40分も乗っているのですからーー。

 成田空港第1ターミナル到着

入国審査前にコロナウイルス検査があります。
① 係の人の案内で検査場所へ
試験管と漏斗を受け取り、個別のブースの中で唾液を試験管に貯めます。正面に梅干しとレモンの絵が掲示されています。唾液が貯まれば試験管を渡し、奥の部屋へ。
② 入口デスクで検査の間待つ座席の番号を教えてもらいます。次の列に並び、飛行機内で配られた『入国される方へ検疫所よりお知らせ3枚』と『質問票』の最終確認をしてもらう。
③ 検査が終わった人から番号が呼ばれ、奥のデスクへ。ここで検査結果を教えてもらいます。出口前で陰性の証明書をもらいます。

この後、入国審査場へ。入口前で陰性証明書の確認があります。
2人とも検査結果は陰性、ひと安心です。いつものように荷物を受け取り、税関検査を受け、外に出ることが出来ました。
飛行機到着から1時間40分程で外に出ることが出来ました。
14日間の指定場所で待機、公共交通機関に使用せぬこと、保健所からの健康確認(電話かLINE)が要請されます。
IMG_1677
北ウイングから成田近郊のホテル送迎の無料バスが出ています。出発は1時間に1本。
乗車には陰性証明書の提示が必要です。
成田のホテルに1泊。次の日友人が迎えに来てくれ、都内のアパートメントホテルに移動しました。

 東京で借りたアパートメントホテル

IMG_1680
1LDK 44,193円/14日間 
自粛期間をこのアパートメント過ごします。GO TOトラベルが使え、安く借りることが出来ました。 
IMG_1681
キッチン、バス・トイレ、洗濯機付きの綺麗な部屋です。
IMG_1682
保健所からは毎日メールが来て、体調・体温等を知らせます。
ここで14日間自主隔離します。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、どこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。
2日目-2:ワルシャワ・ショパン空港

 ワルシャワ・ショパン空港到着

IMG_1645
雲が多くどんよりとした天気です。
IMG_1648
到着ゲートを抜けると、道が左と右に分かれています。ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可するシェンゲンに入っている国へは左、以外は右に分かれています。
IMG_1651
シェンゲンの国に行くには左、水色の道へ。人が多くいます。
IMG_1650
シェンゲン以外の国へ行くには右、黄緑色の道へ行きます。
IMG_1649
シュンゲンへの出発便は右、シュンゲン以外の出発便は左の掲示板に表示されています。
IMG_1653
シェンゲン以外の国への荷物検査所入口
IMG_1652
検査を受ける人はいなく、係の人が所在無げに座っています。
検査所に水の持ち込みが出来ないこと、コロナウイルスの影響でシェンゲン以外の国へのエリアのラウンジは閉鎖されているようなので、この前のベンチに座って時間を潰します。
IMG_1654
外は少し暗くなってきました。
IMG_1656
待合室のベンチは密にならぬよう、隣に座らぬように黄色い紙が貼られています。
IMG_1662
シェンゲン外のラウンジはやはり閉鎖。
IMG_1661
便数が少なく、乗客が少ないので、ラウンジは閉まっています。
IMG_1663
こちらのラウンジも閉まっています。
IMG_1659
23:05 TOKYO-NARITA行き 今日の最終便に乗ります。
IMG_1664
出発時間まで水がないので、自販機で水を買いました。どれでも5ユーロ。カードで買えました。
IMG_1666
出発ゲート近くの人の少ないところで8時間待ちます。人が少ないせいか少し涼しく、鉄の椅子は固く寒いです。
出発便数が少ない為乗継ぎが悪く、待ちの1日です。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、どこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。
2日目-1:ソフィアのホテル→バス→空港→ワルシャワ空港(ポーランド)

 バスでソフィア空港へ

IMG_1619
バスでソフィア空港へ
IMG_1617
バス停前にチケット売り場がありました。自販機はなく、人が中にいて切符を売っています。
IMG_1615
切符は1人に付き1枚、大型荷物はもう1枚必要です。
IMG_1618
バス停の向側にお洒落なカフェがありました。軽くコーヒ―やビールを飲んでおしゃべりが出来そうです。

 ソフィア国際空港第2ターミナル

IMG_1624
ソフィア国際空港第2ターミナルの入口は1つのみ、他は封鎖され、出口も別になっています。
入口で航空券をチェック、マスクと体温もここで検査されます。
IMG_1620
何とか空港まで到着出来ました。
IMG_1622
電光掲示板に14:05発ワルシャワ便の表示がありました。飛行機はキャンセルにならず飛びそう、ひと安心です。飛行機の便数が少ないようで、6枚ある電光掲示板の半分しか使われていません。
IMG_1623
密にならぬよう5人掛け椅子の端から2つ目と4つ目が外されています。ブルガリア人らしい力仕事にびっくりしました。
IMG_1628
チェクインカウンターが開くまでここで待ちます。
IMG_1626
カウンターはほとんど開いていません。

 ASPIREラウンジ

IMG_1632
プライオリティパスで入れるラウンジは3つありました。ASPIREラウンジに入ります。
IMG_1629
中にいたのは全部で4人、出発時間までゆったり過ごせました。
IMG_1630
管制塔が目の前に見えます。

 ラウンジが無料で使えるお勧めのカード


楽天カードプライオリティパスがあれば国内・海外の空港でラウンジが使えます。
このプライオリティパスを発行するなら楽天プレミアムカードが1番。
海外旅行傷害保険が付いていたり、楽天スーパーポイントも貯まりやすいのでお勧めのカード。
年会費が10,000円+税がかかりますが海外旅行に年1回以上行く方はお勧め。詳しくはこちらから。
prioritypass99







 ソフィアからワルシャワへ

IMG_1634
この飛行機に乗ります。ポーランド航空の飛行機に乗るのは初めて、どうでしょうか。
席は横に6席。3席、通路、3席。私達2人の隣は空席、ちょっと安心でした。
IMG_1640
飛行時間1時間55分。
リンゴパンかほうれん草パンと水とお絞りが出ました。何も食べ物は出ないかと思っていたのですが、ちょっとうれしいです。ほうれん草パンはバター炒めのホウレンソウが入り、とても美味しかったです。昨年2019年夏にポーランド旅行に行った時、とても食べ物が美味しかったので期待していました。
IMG_1641
クランベリークッキーとチョコバーも出ました。
IMG_1644
上空は少し雲が多いようでした。
いよいよポーランド到着。ポーランドはコロナウイルスの感染が広がっているようですが、経由で外には出ないので、大丈夫かと思いますがーー。

↑このページのトップヘ