リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

6月4日(日)
10時からカザンラク近くのバラ畑でセレモニーとバラ摘みがありました。
交通規制で路線バスが迂回しているので、近くのバス停から20分ほど歩いて会場へ。
皆観光バスや車で来ているので、歩いているのは私達だけ。
途中で畑仕事中のブルガリア人に「ドーバル デン(こんにちわ)」と挨拶、(ブルガリア語しゃべれるんだと)とても喜んでくれました。
DSCN6506
セレモニーの始まりです。民族衣装を着た人達の踊りから始まります。参加費は20LV(1200)円)。今年から倍に値上がり、高すぎ?

DSCN6508
真ん中のティアラを付けた方がバラの女王。来賓の胸から下げたピンク色のレイはバラの花で作られています。
ダマスクスローズという種類で、小ぶりのピンク色のバラでとても良い香りがします。このバラからローズオイルを作ります。ヨーロッパにも輸出されており、高級ブランド香水に使われています。

DSCN6507
昔ながらのダマスクローズからの蒸留法を実演。

DSCN6497
民族衣装のおばさん達が糸紡ぎをみせてくれます。 

DSCN6498
 ブルガリアの古典的食べ物紹介。右上がヨーグルトの飲み物:アイリャン、真ん中が白チーズを巻いたパン(バーニッツァ)。

DSCN6499
ダマスクローズのレイを作り、売っています。

DSCN6501
隣の畑ではバラ摘みが出来ます。少し曇っていますが背景の山も綺麗です。
摘んだバラは広げて干しておくとすぐ乾き、良いにおいが続きます。

6月2日(金)
バラ祭りが始まりました。10時からカザンラクの中央広場でオープニングセレモニーです。
今年は天候に恵まれ、暑いくらいです。
DSCN6418
軍隊の楽器演奏に続き、バトンガールの踊りから始まりました。

DSCN6432
まず司祭さんのお祈り。中央のテーブルにあるのが大きなパンです。

DSCN6434
皆に聖水をかけてくれます。

DSCN6445
主催者カザンラク市長の挨拶。私達が住んでいるシプカの市長も女性です。

DSCN6447
バラの女王挨拶。真ん中の花束を持っているのが女王です。

DSCN6452
可愛い子供たちの合唱、青年達の歌と続き、
国旗掲揚で終わりとなりました。

DSCN6453
軍隊の方も解散。暑い中直立不動で大変だったのではーー。

DSCN6468
広場の周りにはバラ製品や手作り品のお店が並んでにぎやかです。

DSCN6466
メインストリートに日本女性の像があります。
昨年の除幕式には在ブルガリア日本大使夫妻が訪れました。

庭のサクランボが実りました。
これからサクランボ採りとジャム作りが続きます。
DSCN6399
ブルガリアでは日本と違って摘果をしませんので、文字とおり鈴なりに実がなります。
住んでいる田舎町(シプカ)のほとんどに家にサクラボのなる木があります。
手に届くところにある実は食べても良いので、散歩をしながら食後のデザートが楽しめます。

DSCN6408
初収穫はボール2杯、種を取って2.3Kgでした。
種取りは結構重労働。肩が凝りました。

↑このページのトップヘ