リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに入れました。14日間の自宅での自主隔離も終わり、ブルガリア生活が始まりました。

私達が住んでいるシプカはブルガリア中部の町、人口は1,000人程。首都ソフィア→(バスか電車で3時間)→バラ祭りで有名なカザンラク→(バスで30分)→シプカの町に着きます。
一時期は日本人が10家族ほど住んでいたそうですが、今は男性1人、女性1人が定住しています。
親日的な人が多く、静かな田舎町です。
町にあるのは、マガジン(雑貨店)、ホテル、小学校、教会、牛・馬・山羊・鶏、庭に沢山の野菜や果物が実る、一杯の自然。
町にないものは、銀行、病院、薬局、娯楽施設。

 シプカの中心

IMG_1515
シプカの町の中心はバスセンターです。近くの大きな街カザンラクまでここからバスで30分。広いバスセンターの脇に公園があります。近年綺麗に整備されて、石造りの野外舞台も出来、夏祭りもここで行われます。
IMG_1519
町の教会

 民族博物館

IMG_1563
お洒落な建物です。博物館脇の庭で、シプカバラ祭りが行われます。
DSCN9988
今年はバラ祭りの季節に来られなかったので昨年の写真です。昨年の様子はシプカバラ祭りをご覧ください。
IMG_1517
お洒落な水場も造られました。
IMG_1518
バスの待合室
寒い季節はこの中でバスを待ちます。
IMG_1523
センターにあるマガジン
バス停近くに3軒のマガジン(雑貨屋さん)があります。食料品、日用品の大体の物はここで買うことが出来ます。価格もそんなに高くありません。
IMG_1520
町の中心にあるホテル
全部で10軒ほどのホテルがあります。

 シプカ僧院

IMG_1558
1877~78年露土戦争の舞台となったシプカ峠の少し下に戦争で犠牲になったロシア兵を慰霊する為に僧院が作られました。
IMG_1560
金色の玉ねぎ型の塔が美しい僧院です。朝8時と夕方5時、僧の方が塔の上の鐘を鳴らし美しいメロディーを奏でてくれます。
IMG_1559
町の人の憩いの場になっています。
IMG_1554
僧院から降りて行く途中、山羊を飼っている場所があります。夕方になると、この山羊たちがベルの音を鳴らしながらメイメイと町を散歩します。
IMG_1557
シプカの町の眺め
僧院から降りて行く途中、町全体が良く見える場所があります。赤瓦と白壁と緑の美しい眺めです。

静かで自然を満喫するには最高の場所です。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

例年のように3月初めから、ブルガリアへ行く予定でした。新型コロナの影響で今年は遅れて8月中旬やっとブルガリアに入れました。14日間の自宅での自主隔離も終わり、ブルガリア生活が始まりました。
週に1回、バスに乗って30分、近くのカザンラクの街へ買い物に行きます。この街には大型スーパーが3軒、銀行、カジノ、ネット屋さん、病院、薬局などなど、シプカの町にはないお店が沢山あります。

 お肉屋さん

IMG_1532
最近オープンした綺麗なお店です。
IMG_1530
新鮮なお肉が量り売りで買えます。おばさんが英語が話せて、とてもフレンドリー。お勧めのスペアリブを買いました。

 スーパー・リドルはもうクリスマス

リデル
街の中心から東に10分程、世界中に約8000店舗を展開するドイツのディスカウントスーパーマーケットのチェーン。
IMG_1533
クリスマスのお菓子が並び始めました。
IMG_1534
可愛い包装のチョコレートやクッキーが沢山,うれしくなります。
IMG_1535

IMG_1552
小さくて可愛いパネトネ チョコレート入りとフルーツ入りを買いました。どちらも2.29Lv(約138円)
IMG_1537
お花屋さんの店先には大きな菊の鉢植えが並んでいます。7Lv(約420円)
菊は日本の花かと思っていましたが、ブルガリアでもよく見かけます。日本の秋を感じさせてくれます。
IMG_1538
今年は暖かいせいか、バラの花がまだ咲いています。
IMG_1540
郵便局前は長い列です。密にならぬよう入場制限をしているようです。
IMG_1400
アパートの半地下に薪が積まれています。薪は窓から半地下の薪置き場に投げ入れることが出来るようになっています。アパ―トではボイラーで薪を焚き、各部屋にお湯を供給します。

 スーパー・カウフラント

IMG_1544
街の中心から歩いて30分程、ドイツのハイパーマーケットチェーン。ドイツ、チェコ共和国、スロバキア、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、クロアチア、モルドバで1,200を超える店舗を運営しています。
IMG_1401
ワイン売場が充実しています。赤い値札がお勧めのワイン 5.99Lv(約360円)。
IMG_1402
高いものでも13Lv(約780円)。ブルガリア産のワインが沢山並んでいます。
ブルガリアの在来種の葡萄「マブルット」や「ルビン」を使った美味しいワインが揃っています。

 夕食はスペアリブのオーブン焼き

IMG_1424
お肉やさんでお勧めのスペアリブの塊を焼きました。
IMG_1436
塊を焼いてから切った方が美味しく感じました。

週に1回、バスで近くの大きな街、カザンラクへ買い物に行きます。街をぶらぶらし、1週間分の食品を買い、私達の住んでいる町シプカでは買えないものを買ったりして、1日を過ごしました。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナの影響で今年は遅れて8月中旬やっとブルガリアに入れました。14日間の自宅での自主隔離も終わり、ブルガリア生活が始まりました。
日本に帰る日程を何時にしようか、まだ決まりません。9月下旬になるとこちらは寒くなるので、まず薪を買って、冬の準備をしなければなりません。

 冬支度、薪を買いました

IMG_1324
切った薪を4立方メートル買いました。360+10(送料)LV (約22,200円)
8月下旬薪を購入、トラックで運んでくれて、門の中に荷台からドサッとおろされます。
日の当たる場所に積んで干し、その後地下の薪置き場にに積みます。大仕事、腰が痛くなります。
寒冷地のブルガリアでは、薪は必需品です。
IMG_1442
9月25日ペチカを焚き始めました。
夕方寒くなって来たのでペチカを焚きました。初ペチカです。火が燃えているのを見るのは、身体も心もほっこりとします。
今年は9月末になっても暖かい日が多く、まだペチカを焚くのも夕方から寝る前位までで済みますが、これから日一日と寒くなって行きます。
ペチカの上ではお湯を沸かし、豆を煮たりします。上段にあるオーブンではジャガイモを焼いたり、肉を焼いたり出来ます。 
IMG_1326
1昨年、挿し木したバラが元気に育っています。春にブルガリアに来ることが出来なかったので、どうなっているか心配していましたが、枯れずに育っていました。
IMG_1528
黄色いバラが咲きました。今年最後の花です。

 焼豚を作りました

IMG_1304
豚もも肉 975g 6.62Lv(約397円)
スーパーで美味しそうな豚肉が安く売っていました。
IMG_1306
ネットで見つけた低温調理で焼豚で作ってみます。オーブンで180度で45分 焼きます。
IMG_1310
柔らかジューシーに出来ました。
IMG_1312
日本風夕食。焼き豚丼と味噌汁。

 鯖のフィレ焼

IMG_1440
スーパーで鯖のフィレ焼を見つけました。100g約150円
左がプレーン焼、右が胡椒焼。
IMG_1322
付合せはパプリカとズッキーニのオーブン焼き。香辛料をかけ、1度に大きなオーブンで多めに焼いておきます。
IMG_1328
夕食は鯖のフィレ焼きとパブリカとズッキーニ
ブルガリアでは魚は種類が少なく、豚肉の倍ほどの値段がします。鯖は食べられているようで冷凍のフィレも見かけます。鯖のフィレ焼は余り塩辛くなく美味しかったです。定番になりそうです。

↑このページのトップヘ