リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

2018年09月

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。

シプカは冬になりました。9月29日からペチカを焚き始めました。
今年は都合で12月までブルガリアで暮らします。どんどん寒くなる冬を前に少し不安です。

 バスでカザンラクの町に行きます

DSCN9949
牧草地に干し草がロール状になって沢山干されています。
DSCN9951
荒涼なる草原。絵になる風景です。

 美容院へ行きました

DSCN9965
パープルに統一された綺麗な美容院です。
DSCN9967
1週間前に予約。カットをしてもらいました。
DSCN9968
所要時間30分。シャンプーもブローもなしですが、2人で19Lv(約1,235円)。
シプカの町にも昨年まで1軒美容院があったのですが、なくなりました。病院も昔はあったそうですが、今は看護婦さんがいるだけ。シプカの町も人口が減り、過疎化が進んでいるようです。

 スーパーで買い物

DSCN9951
今年が冷夏でスイカの出来が悪かったようです。1kg 0.59Lv (約38円)でした。
いつもはもっと安くなるのですが。
DSCN9952
大きなスイカ半分5.064Kg 2.99Lv(約194円)。
DSCN9954
キウイフルーツ 1Kg 3.99Lv.
DSCN9956
小さめの物2つ、0.176Kg 0.7Lv(約46円)。

 安くて美味しいブルガリアの豚肉

DSCN9895
0.928Kg  5.47Lv(約356円)。
ブルガリアの豚肉は綺麗なピンク色でとても美味しいです。
DSCN9950
塊で買って、カットします。
DSCN9952
塩、胡椒、ラキア(ブルガリアのお酒)をかけて、100gづつラップして冷凍。
いつでも美味しい豚肉が食べられます。

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。

9月17日 シプカのセンター広場のオープニングセレモニーが開催されました。
DSCN9969

 春から大規模工事が始まりました


DSCN0002
町のセンター広場が大改装。
DSCN0001
重機が入り、大工事が行われています。


DSCN9917
工事が進み、新しい姿が見えてきました。
DSCN9918
野外舞台も出来てきました。

 オープニングセレモニーが始まります

DSCN9970
午後6時半からセレモニーが始まりました。
DSCN9972
ネットニュースのカメラマンとキャスターもやってきました。
DSCN9977
シプカ町長(舞台真中の金髪の女性)の挨拶。
DSCN9979
シプカ町が属するカザンラク市の市長挨拶。こちらも女性です。
DSCN9980
沢山の人が集まっています。町中の人が集まっているのかと思えるほど沢山の人が集まりました。
DSCN9982
シプカの町で作られたフォークロアダンスの人達(シプカ団とでもいうのでしょうか)がそろいの衣装で集まっています。
DSCN9984
階段に座ったり、柱にもたれかかったり、自由に参加しています。
DSCN9986
司祭さんのお祈りが始まりました。前のテーブルには聖水とパンとワインが置かれています。
DSCN9990
今日は聖水が舞台下に撒かれました。
DSCN9991
広場の隣が公園になっています。
DSCN9995
テープカットが行われました。テープカットの人の服装が自由なのもブルガリアらしい気がします。
DSCN9884
あたりが暗くなり、電気が灯りました。夏は夜9時過ぎまで明るかったのですが、段々日が短くなり、今は7時半頃から暗くなり始めます。
DSCN9886
お祈りの時に使われたパンが配られました。パンは焼きたてふわふわです。

 フォークロアダンス

DSCN9890
フォークロアダンスが始まりました。背中にシプカと書いたおそろいのTシャツを着ています。この日の為に作られた揃いの衣装のようです。
DSCN9898
舞台の照明も付きました。
DSCN9912
舞台下の花火が点火しました。
DSCN9915
町の人達も踊りの輪に加わり、みんな楽しそうです。
DSCN9917
広場脇で大きな花火が上がりました。すぐ近くで大きな花火が上がり、ちょっと怖いくらいです。
DSCN9927
すっかり暗くなり、夜空に花火が綺麗です。
DSCN9929
広場では町長さんも観客も楽しそうに踊っています。ブルガリアの人は皆フォークロアダンスが大好きです。いろいろなお祭りの最期は観客も加わり大きな輪になってダンスに興じます。

美味しい焼きたてパンをいただき、フォークロアダンスや綺麗な花火を見て、楽しい時を過ごしました。

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。

沢山の果物が庭で採れます。朝食にいろいろな果物がいただけます。
朝晩は随分涼しくなってきました。庭に干しておいた薪を家の地下にしまったり、まだまだ採れるイチジクを冬の為に瓶詰めにしたり、今年沢山咲いたコスモスの種を取ったり、いろいろと秋の仕事があります。

 朝食は沢山の果物

DSCN9950
庭で沢山の果物が採れます。左のお皿は洋ナシと小さい桃、イチジク。右はリンゴのケーキです。
DSCN9943
冷凍しておいたサクランボ。室温に戻すと、周りに霜が降ったようになります。少し戻すとシャキシャキとしたシャーベットのような食感、すっかり戻すとジューシーなサクランボが味わえます。
DSCN9944
凍らせたイチジクもシャキシャキと美味しいです。戻すと甘く柔らかくジューシーなイチジクが味わえます。

 イチジクの葡萄リキュール煮

DSCN9976
まだまだイチジクが採れます。
DSCN9973
葡萄のリキュールで煮ました。
DSCN9979
冬の為に瓶詰めにして、煮沸します。
DSCN9994
ヨーグルトにかけたり、豚肉を焼いたものに掛けて食べたいと思います。

 手作りワインを試してみました

DSCN9943
右からブルガリア人の大家と作ったワイン私の手作りワイン、手作りワインで作った発泡ワイン。
DSCN9892
発泡ワインを作りました。ネットで紹介されている作り方を見て挑戦してみました。
作り方は簡単。ワイン(手作りワインを利用)を炭酸系のジュースが入っていたペットボトルに8分目。砂糖を小さじ1加えて撹拌し、常温で2・3日。微発泡のワインが出来ました。

 キュウリのピクルス作り

DSCN9997
ピクルス用の可愛いキュウリ5本 0.568Kg 1.29Lv(約84円)
DSCN9884
瓶にキュウリと人参、ローリエを入れ、熱々のピクルス液(葡萄酢+水+塩+こしょう+砂糖)を注ぎます。
DSCN0002
キュウリの隙間に人参も入れてピクルスを作ります。

 コスモスの種がたくさん採れました

DSCN9990
今年はコスモスが沢山咲きました。
DSCN9991
種が沢山採れました。来年は庭一杯にコスモスを咲かせたいなあと思っています。

シプカはもうすぐ冬になります。今年は都合で12月ぐらいまでこちらに滞在予定なので、薪も多めに買いました。瓶詰めも沢山作りました。どんな冬になるのか、うれしいような心配なようなーー。

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。

庭の葡萄の実が熟しました。首都ソフィアに住んでいるブルガリア人大家が帰ってきて、ワイン作りが始まりました。私達もお手伝いして、総勢5人で大仕事の始まりです。

 葡萄が完熟しました

DSCN9906
実が熟して、パンパンの大きな実なりました。梯子に昇って、実を採ります。
DSCN9905
大きな大きなバケツに沢山の葡萄が収穫出来ました。綺麗な実だけ選別して、粒を採ります。これが大仕事です。

 ブドウ搾り

DSCN9909
昔の洗濯機の水搾り機のような物で実を潰します。クラシックな機械です。
DSCN9913
葡萄の実が潰されて、下の樽に入ります。
DSCN9919
蛇口付きの白いポリタンクに入れます。
DSCN9932
40Lポリタンクが一杯になりました。
DSCN9936
葡萄の甘い香りに蜂さんも集まってきました。
DSCN9928
糖度計で量ります。糖度21度。
DSCN9934
このタンクのまま発酵させます。
DSCN9930
混ぜ物なし、純粋なブドウ果汁です。すごっく美味しいです。

 昼食は焼パプリカ入りのショプスカサラダ

DSCN9896
パプリカを焼く専用の道具でパプリカの皮を黒焦げにします。詳しくはブルガリアで見つけた面白い道具をご覧ください。
真っ黒に焦げたパプリカを皮を剥きやすいように、ホウロウ鍋に入れて蒸らします。
DSCN9938
皮を剥いて乱切りにしてサラダに入れます。
DSCN9941
焼いて皮を剥いたパプリカとトマトとキュウリにシレーネチーズ(ブルガリアの白いチーズ)を加え、オリーブオイルと塩をかけてサラダの完成。ブルガリアの代表的料理、ショプスカサラダです。

朝10時からスタートして、3時過ぎまでかかりました。
手間暇かけた混ざり物なしのワインが出来ました。
皆でショプスカサラダと鳥の焼いたものと搾りたてのブドウジュースで遅い昼食をいただきました。
足腰が疲れ、指も紫色に染まりましたが、労働の後、皆で食べる食事は最高でした。

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。

葡萄が沢山実りました。昨年作ったワインがとても美味しかったので、今年も挑戦ーー。
ブルガリアでワイン作りで潰して発酵させたワインのその後です。

 葡萄を発酵

DSCN9956
搾った果汁、皮、種、枝を加えて発酵させます。毎日振って撹拌します。
2日目 発酵が進んで、振って撹拌するとシュワ―と泡が沢山出てきます。アルコールの良い香りも漂ってきました。
5日目 撹拌した時の泡が少なくなってきました。
DSCN9957
試飲してみます。爽やかな若いワインの香りと味がします。

 搾ってワイン液を抽出

DSCN9960
漏斗(じょうご)に晒(さらし)を載せ搾ります。
DSCN9963
しっかり絞って、ワイン液を抽出します。
DSCN9967
ワインの空き瓶に2本、700ml+600ml、合計1300ml出来ました。
DSCN9968
早速試飲、爽やかなボジュレーヌーボー。やはり手作りは美味しいです。この後、冷蔵庫に入れて発酵を止め、熟成させます。
DSCN9971
ワイン液を絞るのに使った晒布も綺麗な葡萄色に染まりました。搾った私の指や爪の中もしっかり葡萄色に染まりました。

 夕食はニジマス

DSCN9957
夕食は久しぶりのニジマス。6.25Lv(約406円)、スーパーで安売りになっていたので買いました。
DSCN9959
ブルガリアでは魚の値段が豚肉の2倍程します。
今日は割引でニジマスが1Kg 9.99Lv(約649円)。
豚肉は1Kg 5.6Lv(約364円)程。安くて美味しい豚肉料理が多くなります。
DSCN9986
お花を頂きました。ブルガリアの人は庭にお花を綺麗に育てていて、褒めると摘んでプレゼントしてくれます。家に友達を招待した時も、庭のお花を摘んで持ってきてくれます。

これはブルガリアでの話です。日本では酒税法でワイン作りは認めてられていないようですーー。
ブルガリアは朝晩涼しい風が吹くようになりました。ペチカを焚くのももうすぐでしょう。

↑このページのトップヘ