リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

2019年12月

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。

2019年夏、LCCの格安航空券を見つけたのでポーランドへ約1ヶ月間、旅行に行くことにしました。
グダニスクはバルト海に面したポーランド北部の港町。旧市街は運河に面し、世界的な琥珀産業の中心地としても有名です。
港町グダニスク1から続きます。

グダニスク観光2日目ー3 聖ドミニコ市(7月27日~8月18日)で賑やかな旧市街を散策します。
DSCN9996
正面のGreen Gateを通って、旧市街の西側に行きます。
現在 グリーンゲートにはグダニスクの国立博物館があり、 展示会、会議、ショーがここで開催されるそうです。突然 足長のパフォーマー(スティルト)が現れました。金色のポセイドンもいます。

 モトワヴァ運河

DSCN9986
モトワヴァ運河に出ました。ボートに乗って下からの眺めも素敵そうです。
DSCN9990
クレーン(Zuraw)
運河に突き出すような逆L字方の建物。貨物の積み下ろしの際使用されていたという歯車式、手動式のクレーンで、中世ヨーロッパの最大かつ最古の保存されたポートクレーンです。

 アンティーク市

DSCN9994
運河を渡って旧市街の西側、地図の赤色の場所:コレクションやアンティークの市に行きます。
DSCN9997
橋の所から蚤の市が始まっています。
DSCN9998
フルーツ味の水を配っています。
DSCN9993
オレンジとマンゴ、レモンとミント味の水を頂きました。冷たくて美味しいです。

DSCN9999
アンティークの品が一杯、右下の自転車に乗るおじさんが素敵です。
DSCN0001
いろいろな品があって、見ているだけでも楽しいです。カラフルなワイングラスも売っています。
DSCN9985
日本の漫画もありました。
DSCN9986
レコード盤を利用した時計、ちょっと良いですね。
DSCN9987
 St. Barbara's Church
長さ36 m、幅18 m、高さ10 m、塔の高さは 40メートル、モダンなステンドグラスで装飾されています。歴史があり、人気のある教会だそうです。
DSCN9989
踊るお人形が素敵です。一体欲しいな。
DSCN9990
アンティークの食器もあります。

 ドゥーギ広場の子豚の丸焼き

DSCN9999
ドゥーギ広場に戻ってきました。
DSCN9993
子豚の丸焼きが出来上がったようです。
DSCN9995
沢山の人が並んでいます。私達も並んで、頂きました。
DSCN9994
今日の分の豚さんも殆ど配られました。もう一匹は明日配られるようです。
豚さんご馳走様です。ちょっと可愛そうなーー。
DSCN9998
ドゥーギ通りと奥は黄金の門と琥珀博物館
旧市街はますます賑やかになっていくようです。1日散策して疲れました。早めに帰宅します。
DSCN9986
道端に綺麗な花を見つけました。本物かしらと触ってみました。もちろん本物、造花ではありませんでした。

 カルフールで買物

DSCN9987
帰りに宿近くのカルフールに寄りました。
DSCN0001
このケーキ 日本のチーズケーキと書いてあります。ケーキは量り売り、1Kg 25.99PLN(約779円)。重さでケーキを買うのは慣れていないので安いやら、高いやらピンときません。
DSCN9990
買ったのはこのチーズケーキ、パイ生地とクリームチーズが何層にも重なっています。クリームチーズのソースは軽くあっさりしていて、いくつでも食べられそうです。
DSCN9998
キュウリの入ったチーズパテのようなもの、他にもいろいろな中身が入ったものが売っていました。
DSCN9987
黒パンに良く合います。
DSCN9990
ブルガリアの大家さんのお土産にどうかと思い買ってみました。チョコレートもポーランドの名産品です。
DSCN9991
ポーランド・ビール”SPECJA”を今日は飲みました。
薄めの琥珀色、こくあり、余りくせがなく飲み易いです。

グダニスク2日目:聖ドミニコ市で賑わう旧市街を周りました。見るもの一杯、美味しいご馳走もいただき楽しみました。

グダニスクの旧市街は広く見所が一杯、今日見ることができなかった所、見逃したところにも行きたいと思います。明日は旧市街の運河沿いと聖母マリア教会に行きます。
グダニスク3日目に続きます。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。

2019年夏、LCCの格安航空券を見つけたのでポーランドへ約1ヶ月間、旅行に行くことにしました。
グダニスクはバルト海に面したポーランド北部の港町。旧市街は運河に面し、世界的な琥珀産業の中心地としても有名です。
港町グダニスク1から続きます。

グダニスク観光2日目ー2 聖ドミニコ市(7月27日~8月18日)はグダニスクで750年以上続くマーケットフェア。知らなかったのですが、ラッキーなことにその日にグダニスクに来ました。沢山のお店が出て賑やかな旧市街を散策します。

 市場ホール(HALA TARGOWA)

DSCN9998
レンガ作りのがっしりした外観の建物です。
DSCN0001
中は明るく近代的、2階の窓から明るい光が降り注ぎます。
DSCN9986
1階、2階に衣類や雑貨。地下に肉やパンやお菓子の食料品が売っています。
DSCN9989
場外市場では新鮮な野菜や果物が売っていました。観光の途中で荷物になるので買うのはあきらめました。
DSCN9991
セント ニコラス・ローマカトリック教会
DSCN9992
鶏のオブジェが可愛いです。
DSCN9994
キュルテーシュカラーチのお店 
ハンガリーやルーマニアの焼き菓子。棒にパン生地を巻きつけて回転させながら焼き、竹輪に似た円筒状をしています。
DSCN9995
周りには素敵な建物が一杯です。
DSCN9997

DSCN9998
いろいろなお店が並んでいます。
DSCN9999
家の外装の絵がとてもお洒落です。
DSCN0001
門をくぐるとモトワヴァ運河に出ます。
DSCN9986
広い運河の対岸にも素敵な建物が並んでいます。
DSCN9987
対岸に停泊の黒と赤の船は、海事博物館 記念艦「ソウデク」 
DSCN9988
運河沿いにも琥珀を売る店が並んでいます。
DSCN9989
15世紀に建てられたSt. Mary's Gate(聖マリアの門)
DSCN9990
門の入口で演奏をしている人達。門をくぐるとマリアッカ通り、奥に聖マリア教会が見えます。

 マリアッカ通り

DSCN9991
聖マリア教会
天を突きさすような尖塔の美しい教会です。
DSCN9993
マリアッカ通りには両側に琥珀のお店が並んでいます。
DSCN9996
お店の外にショーケースが並んでいます。
DSCN9999
聖マリア教会
ローマカトリックの教会です。公式サイトによると、その建設は1379年、または1343年に始まり150年もの長い年月を要しました。ゴシック様式のレンガ作りの教会です。入場は無料、タワーは10PLN。
今日は教会に入らず、旧市街の中心ドゥーギ通りに戻ります。
DSCN9985
ポセイドンの噴水とアルトゥール館(Dwór Artusa)
後ろの白い美しい建物には、昔、同業者組合(ギルド)の本部がありました。インテリアとして飾られている絵画や模型、甲冑、そしてタイルには当時の権力者や家紋が描かれています。
DSCN9986
黄金の家(Złota kamieniczka)
中央の白い黄金の家は17世紀に建設されました。建物の正面の飾りに特徴があり、飾りはイタリアに発注したのですが、運搬船が沈没してしまったことから、裏面に取り付けるはずであった飾りが転用されたという経緯があります。施主はグダンスクの市長でもあった商人ヤン・シュペイマンです。

 旧市庁舎とドゥーギ広場

DSCN9990
1379年着工の旧市庁舎は、グダニスクの富とこの町のヨーロッパにおける地位を顕示するものでした。今はグダンスク歴史博物館になっています。
凄い装飾が施された時計塔です。広い旧市街を散策中の目印になります。
DSCN9996
広場には人が一杯。絵を売る店、沢山の数の風船も売っています。
DSCN0001
広場では子豚の丸焼き中。焼き上がるのにもう少し時間がかかるようです。豚のおしりに温度計が指されています。
DSCN9989
こちらはフランクフルトを炭火で焼いています。
DSCN9995
無料で配ってくれます。列に並んで頂きました。炭火焼の焼きたて、美味しいです。
DSCN9992
こちらはミネストローネ。
DSCN9994
お肉も野菜もたっぷりで美味しいです。感激!!

この後 運河の橋を渡って、のみの市を見に行きます。
グダニスク3 2日目-3に続きます。

↑このページのトップヘ