ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。

2019年夏、LCCの格安航空券を見つけたのでポーランドへ約1ヶ月間、旅行に行くことにしました。
グダニスクはバルト海に面したポーランド北部の港町。旧市街は運河に面し、世界的な琥珀産業の中心地としても有名です。
港町グダニスク1から続きます。
グダニスク観光4日目 郊外に足を延ばして、オリーヴァ大聖堂とバルト海を見に行きます。

 コンドミニアムで朝食

DSCN0001
借りているコンドミニアムの窓から、湖が見えます。朝日を受けて湖面がキラキラ輝いて綺麗です。
DSCN9994
朝食にポーランド名物のピエロギを食べます。ブルーベリー入りの少し甘いピエロギです。
DSCN9996
茹でたのでモッチリしたした味わいです。

 乗り過ごして終点で下車

DSCN9985
ひとつ前の停留所で下りる予定でしたが、乗り過ごして終点で降ろされました。
停留所前に美味しそうなパン屋さんがありました。お客さんも沢山います。
DSCN9986
中に入ってみました。美味しそうなパンが沢山、値段も1つ1.13(約35円)位から。
DSCN9995
2.99PLN(約90円) ポーランド名物のけしの実がたっぷり入った甘いパンです。
パン屋さんの袋も可愛いデザインです。思ったよりさっぱりした美味しいパンです。
DSCN9993
グダニスク"WRZESZCZ"鉄道駅がありました。
DSCN9992
駅の前には大きなバスターミナルがあります。
DSCN9989
交差点の大きな看板に恐ろしい絵が描いてあります。「NIE IGNORUJ」ポーランド語で無視しないでください。信号無視するとこうなるぞとの警告でしょうか。
DSCN9985
バスで下りはずの停留所を乗り過ごしびっくりしましたが、ちょっと美味しい道草をしました。
スマホで検索し、少し歩いたところの駅からトラムに乗ってオリーヴァ大聖堂を目指します。
DSCN0001
駅の前に大きな公園がありました。フラミンゴのオブジェが素敵です。
DSCN9987
Oiwa駅に着きました。ここから歩いて行きます。

オリーヴァ公園(Park Oliwski)

DSCN9990
公園入口 植え込みの花が綺麗です。18世紀フランスの造園家アンドレ・ラ・ノトレによって設計され、フランス庭園と英国庭園の美を融合させた広く美しい公園です。
DSCN9992
高い樹木に囲まれた面白い道です。
DSCN9994
花壇が綺麗に整備されていて、ベンチも沢山あります。
DSCN9998
小川が流れ、遊んでいる子供を見かけました。
DSCN9999
池には鴨が泳いでいます。
DSCN9985
石造りの素朴な感じがする像がありました。

 オリーヴァ大聖堂

DSCN9986
公園の中を通り大聖堂に着きました。こちらは横側の入口のようです。
DSCN9988
入口前に手作り品を売る露店がありました。
DSCN9989
オリーヴァ大聖堂は十字型のゴシック建築、パイプオルガンは華麗なロココ様式です。
入場は無料、演奏を聞く人は寄付をするようです。
DSCN9992
主祭壇 白を基調にした豪華で華麗な教会です。
DSCN9994
祭壇上の天井にも沢山の像が飾られています。
DSCN9998

DSCN9999

DSCN9985
7月と8月に20分の演奏が行われます。曜日ごとに演奏時間が決まっています。
DSCN9987
演奏者が入場し、演奏が始まりました。綺麗な綺麗な音が響きます。天使の持つベルや星、ラッパなどが少しだけ動きます。
DSCN9991
正面入口 
公園側の横の入口から入ったので、大聖堂正面の堂々たる建物を帰りに見ました。お洒落な建物です。
演奏が終わり沢山の観光客が出てきました。観光バスも沢山止まっています。
トイレは左側の小さなドアを入ってすぐです。有料です。
DSCN9992
トラムに乗って、バルト海を見に行きます。

グダニスク観光4日目-2に続きます。



free-animation29108

読んでいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくお願いします♪

                       ブログランキング・にほんブログ村へ
                       ありがとうございます。