リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

カテゴリ: 日本

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、どこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。
2日目-3:ワルシャワ→日本 飛行時間10時間40分

 ポーランド航空機内

IMG_1667
機内は青と白で統一されてとても綺麗、座席と座席の幅もとても広く快適です。
IMG_1669
後部座席のブースはがらがら、5人程しか座っていませんでした。横3席を使って横になって寝ることも自由。
でも横になって寝るようにできていないのでごつごつして快適ではありませんでした。

 ポーラン航空機内食

IMG_1672
離陸後すぐに、夕食が出ました。
ハンバーグ・マッシュポテトとブロッコリーと人参添え、ツナサラダ・ハムトマト添え、マカロニサラダ、ケーキ、パン、水1.5Lのペットボトル1本
昨年2019年夏ポーランド旅行に行った時、ポーランド料理が美味しかったので期待していましたが、期待通り美味しかったです。1人に1本、大きなペットボトルの水がドンと配られたのにはビックリしました。
肉か魚か選べるのかと思ったのですが、一言もなく配られました。飲み物は何も聞かず通り過ぎ、後ろまでもらいに行きました。少し残念なサービスです。
IMG_1674
到着前に出た軽食
オムレツ・ハッシュドポテト・グリンピースソース添え、チーズ・ハム、果物、パン
食事が配られると、すぐ調査票が配られ、すぐ着陸。最後がとても慌ただしく、もう少しお客のことを考えて時間配分が出来ないのかと思いました。10時間40分も乗っているのですからーー。

 成田空港第1ターミナル到着

入国審査前にコロナウイルス検査があります。
① 係の人の案内で検査場所へ
試験管と漏斗を受け取り、個別のブースの中で唾液を試験管に貯めます。正面に梅干しとレモンの絵が掲示されています。唾液が貯まれば試験管を渡し、奥の部屋へ。
② 入口デスクで検査の間待つ座席の番号を教えてもらいます。次の列に並び、飛行機内で配られた『入国される方へ検疫所よりお知らせ3枚』と『質問票』の最終確認をしてもらう。
③ 検査が終わった人から番号が呼ばれ、奥のデスクへ。ここで検査結果を教えてもらいます。出口前で陰性の証明書をもらいます。

この後、入国審査場へ。入口前で陰性証明書の確認があります。
2人とも検査結果は陰性、ひと安心です。いつものように荷物を受け取り、税関検査を受け、外に出ることが出来ました。
飛行機到着から1時間40分程で外に出ることが出来ました。
14日間の指定場所で待機、公共交通機関に使用せぬこと、保健所からの健康確認(電話かLINE)が要請されます。
IMG_1677
北ウイングから成田近郊のホテル送迎の無料バスが出ています。出発は1時間に1本。
乗車には陰性証明書の提示が必要です。
成田のホテルに1泊。次の日友人が迎えに来てくれ、都内のアパートメントホテルに移動しました。

 東京で借りたアパートメントホテル

IMG_1680
1LDK 44,193円/14日間 
自粛期間をこのアパートメント過ごします。GO TOトラベルが使え、安く借りることが出来ました。 
IMG_1681
キッチン、バス・トイレ、洗濯機付きの綺麗な部屋です。
IMG_1682
保健所からは毎日メールが来て、体調・体温等を知らせます。
ここで14日間自主隔離します。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

例年のように3月初めから、ブルガリアへ行く予定でした。
ブリティッシュエアーの便は、8月に変更。まだまだ先と思っていた出発日が近づいてきました。この日にうまくブルガリアに行けるのか。??のことだらけですが、準備を始めています。

 ウイルス飛沫99%カットフィルター採用のマスク

IMG_1116
ドラックストアにもマスクや消毒薬、いろいろな商品が並ぶようになりました。
ウイルス飛沫99%カットフィルター採用のマスクを買いました。
左から5枚298円+消費税、5枚298円+消費税、7枚298円+消費税(アイリスオーヤマ個別包装)
空港と飛行機の中ではこれを使おうと思っています。
IMG_1117
日本手拭いでお魚マスクを作りました。表は日本手拭い、裏はガーゼ。0.1ミクロン微粒子を99%捕集のフィルターを中に入れます。
IMG_1119
裏がガーゼなのでフィルターが見え、入れ易いです。
IMG_1125
ブルガリアでの買い物や日常に使う予定です。

 クロワッサンとミニフランスパンを焼きました

IMG_1104
娘がクロワッサンを焼きました。蒸し暑い天気が続くので、パン作りには最適。
IMG_1113
ミニフランスパン

 折り紙で紫陽花リースとバラの花束

IMG_1127
知合いに素敵なリースをもらいました。紫陽花のリース、カエルとてんとう虫も可愛いです。
IMG_1129
バラの花束も素敵です。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

例年のように3月初めから、ブルガリアへ行く予定でした。
ブリティッシュエアーの便は、8月に変更。まだまだ先と思っていた出発日が近づいてきました。この日にうまくブルガリアに行けるのか。??のことだらけです。

 長ナスを見つけました

IMG_1067
産直市で長ナスを見つけました。長ーい、初めて見るナスです。
IMG_1073
ナスの長さを活かして、ホッケの付け合せに。

 ご飯にのせたくなるたまご

IMG_1075
ちょっと 値段の高い卵を買ってみました。
黄身が山吹色でポコッと盛り上がっています。濃厚なゆで卵が出来ました。もちろん卵かけご飯は美味しかったです。
IMG_1079
バナナケーキを作ってみました。黄身の色が生きたおいしそうなケーキになりました。

 日本手拭いでマスク作り

IMG_1091
さやがた、青海波、桜ちらしの古典柄の手拭いを買いました。
IMG_1089
青海波柄の日本手拭いでおさかなマスクを作りました。紐は古くなった綿シャツを横に3㎝で切って伸ばしたもの。中にフィルターが入れられる形にしました。

ブルガリアへの出発まであと1ヶ月余り、少しづつ準備を進めています。
今までと違った対策、準備を考えなければなりません。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

例年のように3月初めから、ブルガリアへ行く予定でした。
6月1日に変更したブリティッシュエアーの便は、8月18日の便に変更。この日にうまくブルガリアに行けるのか。??のことばかりです。

 黒大根を調理

IMG_1031
産直市で珍しい野菜を見つけました。黒大根、黒くてゴツゴツした大根です。ヨーロッパではポピュラーな野菜だそうです。フランス料理に良く使われるそうです。
IMG_1037
外は真黒、中は白いかぶのような形の大根。少し辛みがあります。
IMG_1038
鶏の手羽先と煮込みました。
IMG_1043
手羽先の油こさと大根の辛みが合って美味しく出来ました。

 七夕のつけ麺

IMG_1044
七夕の夕食、つけ麺にしてみました。麺で天の川、人参とチーズで流れ星をイメージしてみました。
あいにくの雨で星空は見えませんでした。
IMG_20200624_125740
ピンク色の可愛い花を見つけました。調べて見ると、ゼフィランサス (サフランモドキ )ではないかと思うのですが。6弁の花びらですが星のような可愛い花です。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

例年のように3月初めから、ブルガリアへ行く予定でした。
6月1日に変更したブリティッシュエアーの便は、飛ばないことになりました。8月17日の便に変更しました。この日にうまくブルガリアに入れ、家まで行けるのか?? 今のところ東欧は収束にむかっているようです。

 トマトの栽培

IMG_0857
ホームセンターでトマトの苗を買いました。なんと半額、2つで150円です。可愛いトマトの実が3つもついています。枝を折らないよう実を落とさないよう、大切に持って帰り、栽培用の土の袋に直接植えました。
IMG_0974
10日後、1つの実が赤く色づきました。初収穫ももうすぐです。小さな黄色い花も2つほどできています。

 コンべクションオーブン買いました

IMG_0948
今までオーブントースターでパンを焼いていたのですが、温度調節がうまくいかず大きいものは作れず、今一歩でした。家にいる時間が増えたので、奮発してオーブンを買いました。
IMG_0900
早速バナナパウンドケーキを焼きました。型は牛乳パックです。
IMG_0890
バターロールもふっくら膨らみました。
IMG_0846
こちらは娘がプレッツェル(ドイツパン)を焼きました。

 散歩で見つけた花

IMG_20200622_160600
ハイビスカスの花が咲いていました。スミレとアジサイも咲いています。
IMG_0965
コスモスが綺麗です。かかしさんもお洒落です。
昨日とは違う道を歩くといろいろな花が咲いていたり、素敵なお家があったり、新しい発見があります。

↑このページのトップヘ