リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

カテゴリ:海外旅行 > バリ島

4月~9月までブルガリアのシプカという田舎町で暮らしています。
ブルガリアは冬がとても寒いので、10月~3月まで暮らせる暖かい地を探しています。
今回は10月は岡山県、11月はバリ島(インドネシア)、12月はバンコク(タイ)、1月はペナン島(マレーシア)で暮らしてみます。
バリ島は南部デンパサール北部ロビナ中部ウブド、東部サヌールの順に1週間ずつ滞在。
東部サヌール1から続きます。

 サヌールでのんびりビーチを散歩

サヌールではビーチを散歩して、のんびり暮らしました。そこで見つけた綺麗な景色や興味深かったものを紹介します。
DSCN9405
白い砂の綺麗なビーチが続きます。
DSCN9409
9月からアグン山が噴火し、その影響で観光客が減っているようです。
DSCN9412
私達にとっては人が少なくて静かで快適ですが、現地の人にとっては大変のようです。
”グラスボートで沖合まで行くととても綺麗だよ”と日本語で勧誘されました。上手な日本語で顔を見なければまるで日本人。日本人観光客が減ってしまったので大変だそうです。
DSCN9418
バリ島らしい?東南アジアぽい景色です。
DSCN9424
ウエディングアルバム用の記念撮影のようです。
DSCN9428
海辺に建つリゾート。螺旋階段が素敵です。

 夕方のビーチ

DSCN9892

DSCN9895

 ヒンズー教の儀式

DSCN9905
海辺に祭壇が作られていました。
DSCN9896
次の日 正装した子供達が集まっています。
DSCN9897
何の儀式なのか?
DSCN9898
黄色と白。背景の海。綺麗な光景です。
DSCN9903
バリ島ではいろいろな儀式があるようです。
DSCN9906
レンボンガン島へ行く船。30分程で着くようです。
船が岸まで着かないので乗り降りの時ひざ下まで水に浸かります。荷物は濡れないよう船の人が担いでくれています。

 バリ島デンパサール国際空港を出発

DSCN9462
とても綺麗な空港です。
11月23日 のんびり過ごしたバリ島を出てバンコク(タイ)に向います。
前日小さな噴火があったそうで心配していたのですが、キャンセル便もなく空港は普通に機能していました。
この後11月27日 1時閉鎖されたようです。
DSCN9460

DSCN9464
搭乗口
DSCN9465
セルフチェックインの機械
DSCN9474
ラウンジは中2階にありました。

ラウンジが無料で使えるお勧めのカード

私が愛用のカードは楽天プレミアムカードとプライオリティパス。
食事や飲み物やWifiも使え、出発までの時間をのんびり過ごせます。
海外旅行に年1回以上行く方にお勧めのカードです。

楽天カード

楽天プレミアムカード」の年会費は10,800円(税込み)かかりますが、年会費が$399する「プライオリティパス」が無料で申し込めます。

そのほかに3つの優待サービスから1つを選べ、トラベルコース を選ぶと、手荷物宅配サービスが年間2回無料になります。
prioritypass99プライオリティパスは世界1000か所以上のラウンジ
が無料で使えます。もちろん日本も。
使えるラウンジはプライオリティパス・ラウンジをご覧ください。




 ラウンジの中と食べ物と飲み物

DSCN9475
明るく綺麗なラウンジです。
DSCN9476
沢山の食べ物がありました。味付けも良く美味しいです。
DSCN9478
1種類ずつ取ったら多すぎです。
DSCN9479
朝から食べ過ぎ。朝起きてすぐ出てきたので、朝食が取れメールもチェックでき、ありがたい限りです。
DSCN9480
ガバジュースもありました。
DSCN9481
ミニケーキとビール。
DSCN9482
バリワインもいただきました。

10月26日~11月23日までバリ島で過ごしました。
私達が居る間はアグン山は小康状態を保っていましたので、当初予定のアグン山近くの宿泊をやめるだけで済みました。バリ島を出た後、空港の1時閉鎖がありました。噴火が収まることを願っています。

バリ島の気候は少し暑すぎ、常夏ではなく春ぐらいが良いのですが。物価は安く、人は親切でした。物の価格が表示されていないので、いちいち交渉するのには疲れました。観光客価格が存在するのも如何なものかと思います。

この後バンコク(タイ)に行きます。

4月~9月までブルガリアのシプカという田舎町で暮らしています。
ブルガリアは冬がとても寒いので、10月~3月まで暮らせる暖かい地を探しています。
今回は10月は岡山県、11月はバリ島(インドネシア)、12月はバンコク(タイ)、1月はペナン島(マレーシア)で暮らしてみます。
バリ島は南部デンパサール北部ロビナ中部ウブド、東部サヌールの順に1週間ずつ滞在。
東部サヌール1から続きます。

公共バスに乗ってウルワツ寺院とケチャダンスの鑑賞に行きます。

 断崖絶壁の上に建つウルワツ寺院

DSCN9911
ウルワツとは「岬」という意味、インド洋の荒波が打ち寄せる70mの断崖の上に建っています。
10世紀に高僧ウンプ・クトゥランよって建立されたそうです。
観光客が入れるのは赤い屋根の所までです。
DSCN9919
断崖に近い急な階段を登って行きます。入れるのはここまで。信者でないと奥へは入れません。
DSCN9920
内側のもう一つの階段を降りてきたところに碑があります。
DSCN9910
"野生のお猿さんが悪戯をするので注意"の看板がありました。
DSCN9923
眺めは最高です。
DSCN9912
断崖上に道が続いています。
DSCN9917
手前がウルワツ寺院、先の断崖の上がケチャダンスの会場。
DSCN9922
赤い屋根の所でケチャダンスの入場券を買います。
DSCN9732
ウルワツ寺院入場料Rp30,000(約240円)、ケチャダンス鑑賞料Rp100,000(約800円)。
ウルワツ寺院は神聖な場所なので腰に巻くサロンが必要で、入口で無料で貸してくれます。
ケチャダンスは日本語の説明書あり。毎日18:00~19:00上演。
DSCN9915
絶景です。ケチャダンスは大自然の中で行われます。

 ケチャダンス

DSCN9926
向こうの断崖の上にウルワツ寺院が見えます。
ヒンズー神事を司ることが出来るマンクーによってお清めと火の点火が行われます。
DSCN9927
インド洋を望む絶景の場所で行われます。
DSCN9928

DSCN9932
数あるバリ舞踊の中で、最もダイナミックでユニークなパフォーマンスがケチャ。
楽器を使わず数十人の男声だけで独特のリズムを刻み、ヒンズー教の創世神話の一部が踊り手たちによって演じられます。
もともとは悪霊を祓う為の儀式舞踊の伴奏だったのですが、ドイツ人画家のウォルター・シュヒーズによりヒンズー教の神話が組み合わされ、現在の舞踊劇として創作されたと言われています。
DSCN9936
見どころは数十人の男声による一糸乱れぬパフォーマンス。
DSCN9941
森に迷い込んだラマ王子(ヒンズー神話による最初の国の王子)とシータ妃。
忍び寄る邪悪な影から2人は助かるのかという話です。
DSCN9969
魔王ラワナの登場。
DSCN9949
魔王ラワナの化身”黄金の鹿”。
DSCN9973
シータ妃は魔王に捕らえられてしまう。
DSCN9990

DSCN9995
白猿のハノマンがシータ妃を助けにきます。
DSCN9997

DSCN0002

DSCN0007
だんだん暗くなってきました。
DSCN0011
暴れまわる白猿。
DSCN0034

DSCN9398
白猿は捕らえられ、焼き殺されそうに。
DSCN9399
火のパフォーマンスが繰り広げられます。白猿は何とか無事逃げ出すことが出来たようです。
DSCN9403
全員そろってフィナーレ。

 公共バス”トランス・サルバギタ”で行きました

DSCN9869
車高が高い車です。
DSCN9907
バス停は階段を登って、乗り場が上にあります。
DSCN9908
バスの中はこんな感じ。思ったよりきれいでした。
中は調冷房が効いて寒いくらいです。上着を忘れたので風邪気味になりました。上着は必需品です。
料金は1回Rp3,500(約27円)。乗る時”ウルワツ”と確認したのですが、手間で終点。
その後は娘がスマホでウーバー(UBER配車タクシー)を呼んでくれて、何とか辿り着くことが出来ました。文明の利器スマホの偉大さを痛感しました。

次回はバリ島東部サヌールのビーチの様子を書きます。

4月~9月までブルガリアのシプカという田舎町で暮らしています。
ブルガリアは冬がとても寒いので、10月~3月まで暮らせる暖かい地を探しています。
今回は10月は岡山県、11月はバリ島(インドネシア)、12月はバンコク(タイ)、1月はペナン島(マレーシア)で暮らしてみます。
バリ島は南部デンパサール北部ロビナ中部ウブド、東部サヌールの順に1週間ずつ滞在。

 東部サヌールで借りたコンドミニアム

DSCN9441
広いLDKと2ベットルームと2トイレ 30,394円/1週間。2人では広すぎ、少し贅沢なのですが。
キッチン付きでスーパーで買ってきた食材も調理できるので、最近はAirbnbの宿を取ることが多くなっています。
Airbnbの宿を取るにはここから登録して頂くと、次回使える3500円分のクーポンがもらえます。(但し、8000円以上の利用が条件)
DSCN9434
窓から海が見えます。波の音も聞こえます。
DSCN9873
下はプール。
DSCN9868
自分の部屋のテラスで海を眺めながら朝食。ちょっと贅沢?
DSCN9867
メインベットルーム。
DSCN9450
新しいプール。広いコンドミニアムでいろいろのタイプの部屋があります。
1部はホテルとして、1部は販売もされたようです。私達は買い取ったオーナーから借りました。
DSCN9452
バンガロータイプの部屋もありました。

 海辺へ散歩に行きました

DSCN9875
広い砂浜と綺麗な海。
DSCN9874
毎朝この海辺を散歩してのんびり過ごしたいと思っています。

 町へ買い物に

DSCN9889
日本食レストラン、神様?
DSCN9890
サークルK。
DSCN9880
小型スーパー。
DSCN9883
凄いものに遭遇。自然が一杯?

 トランス・サルバギタという公共バス

DSCN9869
バリ島には公共の交通機関が少なく、移動はタクシーかベモ。それもいちいち値段交渉が必要です。
気になっていたのがこのバス。バスの乗り口が随分上についています。
DSCN9871
バス停が実にユニーク。階段を登ってバスに乗ります。日本では車体を低くして乗り降りし易いバスが増えているというのに。足腰が丈夫でないと大変です。

娘がこのバスについて調べてくれました。
このバスでウルワツ寺院まで行けそうです。明日はウルワツ寺院へ行ってみます。

4月~9月までブルガリアのシプカという田舎町で暮らしています。
ブルガリアは冬がとても寒いので、10月~3月まで暮らせる暖かい地を探しています。
今回は10月は岡山県、11月はバリ島(インドネシア)、12月はバンコク(タイ)、1月はペナン島(マレーシア)で暮らしてみます。
バリ島は南部デンパサール北部ロビナ、中部ウブド、東部サヌールの順に1週間ずつ滞在。
中部ウブド1から続きます。

 アグンライ美術館(ARMA)

DSCN9704
1996年 バリの芸術・文化の保存と発展に尽力したアグンライが創立した博物館。
ARMA(Agung Rai Museum of Art)財団によって運営されています。
DSCN9731
入場料はRp80,000(約640円)、喫茶室の無料券が付いています。
右の絵がラデン・サレー作”ジャワの貴族と妻の肖像画”。縦192×c126.5cmの大作でこの美術館のシンボル的作品です。 
DSCN9706
中は広い庭園になっています。
DSCN9708
北館はバリ絵画をスタイル別に展示してあります。窓からの景色も絵になっています。
DSCN9707
ゆったりとした展示、見学者も少なくゆっくり鑑賞出来ます。
DSCN9709
喫茶室で田園の景色を見ながら、コーヒーをいただきました。
DSCN9711
装飾がお洒落なお店です。
DSCN9717
外は凄い雨が降り続いています。しばし雨宿り。
池かなあと思い近づいてみると、外の喫茶スペースが大きな水たまりになっていました。
DSCN9721
お洒落な噴水。
DSCN9723
面白い実が沢山なっています。ツルツルした軽い、夏ミカンより大きな実です。
DSCN9726
入り口近くでバリ舞踊の練習をしていました。
ここはバリ文化のいろいろな教室もあるようです。

 道で見つけた像

DSCN9700
帰り道お寺の前で見つけた像。バリ島ではいろいろな像や珍しいものがあちこちにあります。
DSCN9701
右手にコブラ?左手は?
DSCN9845
バリ島の道は側溝のふたが壊れているものがあります。
よそ見をしていると危険です。夜は要注意。

 イブ・オカ(子豚の丸焼き)

DSCN9850
バリ島で1番美味しいバブグリン(子豚の丸焼き)を食べさせてくれると評判の店です。
先日来た時は閉まっていたのでリベンジです。
DSCN9853
中は広く、お客さんもいっぱいです。
DSCN9854
スペシャルRp55,000+税10%(約440円+44円)をテイクアウト用にしてもらいました。
DSCN9852
待っている間に庭の池を拝見。
DSCN9855
出口にも豚さんがいました。鶏は本物です。
DSCN9857
美味しそうな包装です。
DSCN9860
中はこんな感じです。皮はぱりぱりして美味しかったです。
味はまあまあ。お店で作りたてを食べるともっと美味しいのかもしれません。

今日はバリ島中部ウブド最終日。
明日は東部サヌールの海辺に移動します。

4月~9月までブルガリアのシプカという田舎町で暮らしています。
ブルガリアは冬がとても寒いので、10月~3月まで暮らせる暖かい地を探しています。
今回は10月は岡山県、11月はバリ島(インドネシア)、12月はバンコク(タイ)、1月はペナン島(マレーシア)で暮らしてみます。
バリ島は南部デンパサール北部ロビナ、中部ウブド、東部サヌールの順に1週間ずつ滞在。
中部ウブド1から続きます。
キンタマーニ・ヴォルカノ(Kintamani Volcano)観光ツアー1(ゴア・ガジャ(象の洞窟)、グヌン・カウイ(石窟遺跡))の続きです。

 テキンタマーニ・ヴォルカノ観光ツアー2

1日タクシーチャーターでRp500,000(約4,000円)、入場料は別、観光案内なしで行きました。
ティルタ・ウンプル(聖なる泉の寺)、キンタマーニ高原、テガララン(ライステラス)に行きます。
DSCN9833

 ティルタ・ウンプル(聖なる泉の寺)

DSCN9807
泉がが発見されたのは962年、インドラ神が大地を杖でたたき不老不死の水アメルタを湧き出させた場所とされています。
世界遺産になっています。入場料Rp15,000(約120円)。
DSCN9800
境内案内図


DSCN9815
水が湧き出ている”聖なる泉”。
DSCN9809
聖なる水を引いた沐浴場。
DSCN9811
外国人も作法に習って沐浴できるようです。
DSCN9802
境内にはいろいろな像があります。
DSCN9804
多くの観光客でにぎわっています。
DSCN9817
顔が白い像。
DSCN9821
凄く大きい鯉がいます。
DSCN9823
池の前のレストランでナシゴレンがRp15,000(約120円)と出ています。

 バリ随一の景勝地キンタマーニ

DSCN9825
雨季に入ったようで毎日雨が降ります。
今日は何とか今まで降らなかったのですが、お昼近くなり高原のレストラン近くまで来たところでぽつぽつと降ってきました。
DSCN9828
レストランに入った所で、スコールのような雨になりました。
眺めの良いテラス席に最初は座ったのですが、店の中に移動。
DSCN9829
食事が終わるころやっと小降りになってきましたが、バトゥール山が少し見えてきただけ。
残念です。またリベンジできると良いのですが。

 バリ屈指のテガララン(ライステラス)

DSCN9830
両側にお土産屋さんが増えてきて、棚田に着きました。
DSCN9831
雨に濡れて緑も一段と綺麗です。
下に降りて畦道をずーと歩いて行くことが出来ます。
DSCN9834
まだ足元が濡れているのと疲れたので、私達はここから景色を眺めるだけにしました。
身飽きぬ美しさです。
DSCN9836
パノラマで撮って見ました。

明日はバリ島中部ウブド滞在の最終日
アグンライ美術館(ARMA)と子豚の丸焼きで有名な”イブ・オカ”に行きます。

↑このページのトップヘ