リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

カテゴリ:海外旅行 > ペニシェ(ポルトガル)

2018年2月末、ポルトガルとスペインを旅行してブルガリアに帰ります。
ポルトガルではリスボン、ペニシェ、ポルトと大西洋側をバスで北へ移動します。
ペニシェ1から続きます。
ペニシェは大西洋に突き出たコブのような半島の街です。サーフィンと城壁の街として有名です。

 半島を歩いて1周します

15地図
大西洋に面した沿岸を反時計回りに1周します。
DSCN9566
海辺は断崖になっています。手前は岩がごつごつしています。
DSCN9567
海辺の浅瀬の岩が波に侵食されて変わった形に。日本で「鬼の洗濯板」という奇岩のようです。
DSCN9571
海辺に白い家が何軒かあります。こんな家に住んで毎日海を眺められたら素敵です。
DSCN9575
白い縞がはっきり見える岩があります。
DSCN9577

DSCN9579

DSCN9590

DSCN9602
半島手前の街並みが綺麗です。
DSCN9608
可愛い家があります。
DSCN9616
煙突の上のカモメがオブジェのように見えます。
DSCN9630
広い海岸線が見えてきました。
DSCN9640
赤いベンチが凄いところにあります。きっと眺めは最高でしょう。
DSCN9642
荒い波、浅瀬の岩に人がいます。何が取れるのでしょう。外人は海藻は食べないと聞きましたがーー。
DSCN9646
綺麗な家が海岸線に続きます。
DSCN9652
馬で散歩の人に出会いました。素敵な海岸線を馬で散歩。何とお洒落なのでしょう。
DSCN9657
突然 犬が凄い勢いで馬を追いかけてきました。
DSCN9665
その犬を若い女性が追いかけてきました。散歩中の犬と飼い主の女性のようです。犬は馬を追いかける習性があるのでしょうか。
DSCN9667
崖が段々高くなってきました。
DSCN9671
浸食された岩が面白い形になっています。
DSCN9690
向こうに島が見えます。
DSCN9695

DSCN9699
凄い波が押し寄せてきます。
DSCN9705
断層が斜めになっています。
DSCN9707
十字架の碑
DSCN9708
黄色い花が咲いています。
DSCN9711
下は面白い岩が続きます。
DSCN9717
魚のマークのレストランがありました。
DSCN9718
ここにも十字架の碑があります。番号が付いています。
DSCN9722
丸太の様な岩が転がっています。
DSCN9727

DSCN9728

DSCN9731
街があります。風が強く、眺めは良さそうです。
DSCN9732
平たい岩を重ねたようなーー。
DSCN9739
奇岩の崖です。
DSCN9742
はじめて見る景色です。
DSCN9759
今にも崩れそうな岩々です。
DSCN9767
道路を挟んで海側の崖の上に十字架が見えます。

DSCN9775
十字架が崖の上にあります。
DSCN9783
凄い波しぶきです。
DSCN9787

 断崖の上にある十字架とサン・ジョセフ教会

DSCN9789

DSCN9790

DSCN9777
道路を挟んで向かいにあるサン・ジョセフ教会
DSCN9793
灯台が見えてきました。
DSCN9813
ピンクの可愛い花が咲いています。

 カルヴォエイロ岬と灯台

DSCN9819
カルヴォエイロ岬の灯台が見えてきました。
DSCN9821
木のような形の岩。
DSCN9827

DSCN9833

DSCN9844
岩に白い線が見えます。珍しい岩です。
DSCN9849
岩の下に降りて行けます。
DSCN9851

DSCN9861

DSCN9863

 カルヴォエイロ岬の先端が見えてきました

DSCN9868

DSCN9874
レストランの上が展望台になっています。
DSCN9879
レストランはシーズン前でまだ閉まっていました。
DSCN9881

 ナウ・ドス・コルヴォス(Nau dos Corvos)

DSCN9860
ナウ・ドス・コルヴォス(Nau dos Corvos)(「カラスの船」の意)の立て札があります。
DSCN9883
後で知らべて見ると、ナウ・ドス・コルヴォス(Nau dos Corvos)(「カラスの船」の意)という名の、印象的な形の岩山が横たわり、カモメやカラスの止まり木となっているところだそうです。
立て札が指しているのはこの岩と思われます。
DSCN9885
はるか向こうに見えるのが、ポルトガル本土で唯一の島の自然保護区であるベルレンガス諸島(Ilhas Berlenga)と思います。
DSCN9893
下の降りている人もいます。
DSCN9895
カルヴォエイロ岬の先端まで来て帰り道、ぽつぽつと雨が降ってきました。と思ううちに大雨、辺りには雨宿りの場所もなくずぶ濡れになりました。
DSCN9969
家に戻る途中にあるマリア様像。
DSCN9968
アップの写真。
DSCN9899
RIP CURL」 オーストラリアでスタートした世界のリーディング・サーフブランドのお店です。真ん中のサーファーはワールド・サーフリーグ(WSL)で通算3度の世界タイトルを獲得したミック・ファニング(Mick Fanning)。
DSCN9970
この砂山の脇を通って家に帰ります。1週間通った懐かしい道です。

明日はペニシェを発ち、ポルトに移動します。

2018年2月末、ポルトガルとスペインを旅行してブルガリアに帰ります。
ポルトガルではリスボン、ペニシェ、ポルトと大西洋側をバスで北へ移動します。
ペニシェ1から続きます。
ペニシェはリスボンからバスで1時間30分、大西洋に突き出たコブのような半島の街です。
サーフィンと城壁の街として有名です。ワールド・サーフィン・チャンピオンシップ (WCT) 選手権の開催地としても有名です。

 ペニシェは大西洋に突き出た半島です

ペニシェ1

 半島にある城塞に行きます

1地図
今日は青い線を通り城塞に行きます。
DSCN9474
旧市街が見えてきました。

 ペニシェ消防署

DSCN9476
堀の手前に消防署があります。
DSCN9472DSCN9470









古い消防車が展示されています。

DSCN9482
橋を渡って城壁の中に入ります。
DSCN9478
木で作られた橋です。
DSCN9480
旧市街に教会が見えます。
DSCN9486
港の前にカラフルな倉庫?があります。
DSCN9488
天気が悪く荒波です。
DSCN9494
坂の上に警察署があります。
DSCN9498
警察前の広場を曲がると、ミセリコア教会(Igreja da Misericordia)があります。

 Rendilheira記念碑(ボビン・レースを編む女性像)

DSCN9500
教会の前の道を行くと公園に出ました。枕型の台で伝統的なボビンレースを編んでいる女性像です。
ペニシェ・ボビン・レースは、何世紀にもわたる数々の手工芸品に新しい用途と古いパターンを組み合わせた有名な文化遺産です。
DSCN9502
公園は春に備え整備中。
DSCN9503
公園のアズレージョと城壁。
DSCN9505

DSCN9514
港手前に漁師さん?の像があります。
DSCN9516
凄い水しぶきです。
DSCN9517
17世紀に再建され、20世紀には牢獄として使用された巨大な中世の要塞。
DSCN9524
要塞前の堀に水が凄い勢いで流れ込んできます。
DSCN9518
要塞の門は閉まっていて中には入れませんでした。
DSCN9525
入り口脇に「ペニシェ・ボビン・レースミュージアム 」と「ATOUGUIA DA WHALEのインタラクティブ・センター 」の案内が掲示されていました。中には入れないので、こちらの博物館へ行けということなのでしょうか。
DSCN9534
少し先の門が開いていて、中庭に入れました。
DSCN9529
城塞沿いに歩いて行きます。
DSCN9549

DSCN9538
大西洋が見えてきました。
DSCN9552
凄い波と水しぶきです。手前で写真を写していても、水しぶきで濡れます。
DSCN9543
先まで遊歩道が続きます。
DSCN9550
凄い水しぶきと風をもろともせず、遊歩道の先まで行った人がいました。ずぶ濡れです。凄い!

 帰りにスーパーで見つけたタラの惣菜

DSCN9901
塩タラをホワイトソースで和えたグラタン。
DSCN9904
そのまま電子レンジで温めるだけ。
DSCN9907DSCN9906









タラのオリーブオイルとガーリック和えの缶詰め
ポルトガルやスペインではタラをよく食べるようで、いろいろな惣菜や缶詰めが売っています。
今日は雨の降られて寒かったので、タラのグラタンが美味しかったです。

明日はペニシェ最終日 またまた天気は良くないようですが、頑張って半島1周をしたいと思っています。

2018年2月末、ポルトガルとスペインを旅行してブルガリアに帰ります。
ポルトガルではリスボン、ペニシェ、ポルトと大西洋側をバスで北へ移動します。
ペニシェ1から続きます。
ペニシェにはスーパーが5つあります。大きなスーパー1つ、中型3つ、小型1つ。
大好きなスーパー、1番大きなスーパーと途中にある中型スーパーに買い物に行きます。

 インターマルシェ・スーパーに寄り道

DSCN9393
フランス系スーパー、駐車場にある煙突が目印です。
DSCN9394
美味しそうなお菓子が一杯です。ビスケットが1.25ユーロ(約163円)。
DSCN9395

DSCN9396
ワインの種類も一杯。価格も手頃です。
DSCN9397
ペニシェは城壁の街、道路の左右に城壁の門が見えます。その中が旧市街。
DSCN9402
教会と公園。手入れが行き届いています。
DSCN9442
広い庭園と像とアズレージュ。
DSCN9444
アズレージョで功績が示されています。
DSCN9407
「Igreja Paroquial Sao Bartolomeu do Outeiro」教会、道路が交わる三角地点にある白い教会。ちょっとお洒落です。
DSCN9409
アズレージョが綺麗な家

 CONTINENTE大型スーパー

DSCN9411
町はずれにある大きなスーパー
DSCN9410
干しタラも沢山売っています。

 カステラの原型といわれるパォン・デ・ロー(PAO DE LO)

DSCN9458
2.99ユーロ(約389円)。大きな白い紙で形を作り生地を流し込んで、そのまま焼きます。
DSCN9459
日本のカステラ程フワフワではありませんが、しっとりして美味しいです。
ひな祭りには早かったのですが、お祝い用に買いました。今日からプレお祝いです。
DSCN9441
200g 3.45ユーロ(約449円)。アーモンドたっぷり、キャラメルソースで絡めています。甘いのですが同じくらい塩も効きすぎ。
ポルトガルの各地でアーモンドが栽培されており、アーモンドタルトは有名だそうです。

 海辺を散歩しながら帰ります

DSCN9418
向こう側に面白い格好の半島が見えます。ゴルフ場にしたら良いようなーー。
DSCN9420
岩が風や波で侵食されて面白い形になっています。
DSCN9421
平らな岩を重ねたようなーー。
DSCN9424
魚の目印はどこを指しているのでしょう。
DSCN9428
曇り空ですが雄大な景色です。

 海辺にある公衆洗濯場

DSCN9618
海辺にこんな建物を見つけました。
DSCN9624DSCN9622









綺麗なアズレージョがあります。昔は海辺で洗濯をしていたようです。
DSCN9628
中はこんな感じです。おばさんが一人、洗い物をしていました。まだ使われているようです。
DSCN9449
長い城壁が見えます。
DSCN9447
ビーチを歩いて帰ります。右に見える白い建物が今借りているリゾートマンション群です。
DSCN9450
波が荒いです。サーフィンにぴったりの波なのでしょう。
DSCN9465
ビーチから砂山を登って降りて、町に出ます。

 サーフィンのブランドショップ「RIP CURL」

DSCN9899
オーストラリアでスタートした世界のサーフブランドです。町角の何もない広場前に大きなお店がありました。
DSCN9969
広場にはマリア像が建っています。
DSCN9968
マリア像が建つ広場の角を曲がり、借りているマンションに帰ります。
早春の寒い時期なので海辺も町も人がまだ少ないです。これから暖かくなるにつれ、町も人で一杯になってくるのでしょう。


次回は半島の南にある城塞を見に行きます。

2018年2月末、ポルトガルとスペインを旅行してブルガリアに帰ります。
ポルトガルではリスボン、ペニシェ、ポルトと大西洋側をバスで北へ移動します。
今日ベレンを発ちペニシェに移動します。
ペニシェ1

 リスボンからバスでペニシェに

DSCN9956
宿の前から、娘が呼んでくれたUber(配車システム)の車でバスターミナルへ
リスボン→ペニシェ 1時間30分。

 宿は今回もAirbnbで予約しました

DSCN9960
海辺のリゾートマンションの1階。キッチン、洗濯機、Wifi付きで1週間で37,753円。新しい綺麗なマンションです。キッチン付きなのでポルトガルの食材を使って自分で料理を作り、楽しむことが出来ます。
居間の前は広いテラスになっています。今回は雨と寒さで使えなかったのですが、夏は居間のドアを全開にして広いリビングになります。
DSCN9961
キッチン
DSCN9963
ベットルーム
<お得な情報>
Airbnbに登録するのなら、このリンクから飛んで登録すると初回に使える3700円分のクーポンが貰えます。(8000円以上の旅行をすると使えるクーポンです。私にも1900円分のクーポンが入ります)

 砂山に囲まれたペニシェの海辺

DSCN9971
海辺は砂山で囲まれています。
DSCN9973

DSCN9974
階段を登って砂山の上に行くとーー。
DSCN9977
海が見えます。
DSCN9978

DSCN9980

DSCN9983
サーファーが一杯。
DSCN9984
波が荒く、サーフィンのメッカだそうです。
DSCN9985
海に黒く見えるのがサーファーです。
DSCN9987
強い風の力で、砂山ができるのでしょうか。初めて見る景色です。
DSCN9990
城壁が見えます。
DSCN9466
ここへ来て初めて知ったのですが、サーフィンで有名な海岸だそうです。私達はサーフィンはしないのですが、眺めているだけで楽しく、時間が過ぎていきます。
DSCN9468

 スーパーへ買い物に


DSCN9965
さすがに海辺の街です。美味しそうな魚が並んでいます。真ん中に山積みになっているのが塩漬けの干しタラです。

DSCN9430
大きな干しタラは食べきれないので、250gの小さくしてあるパックを買いました。2.29ユーロ(約298円)。
DSCN9431
塩がしてある干しタラです。
DSCN9434
塩を洗い流してから、少し塩抜きしてからスープにしました。以前からスペインでも塩漬けの干しタラが沢山売っていて気になっていたのですが、ネットで調理法を見て、今回挑戦してみました。
タラの塩気と魚からでる旨味だけで、美味しいスープが出来ました。メインはバラ肉と白菜風の野菜の炒め煮。
DSCN9433
白いものが割いた干しタラです。じゃがいもと人参と大きなインゲンを一緒に煮ました。

明日は街の散策に行きます。

↑このページのトップヘ