ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

例年のように3月初めから ヨーロッパ経由でブルガリアへ行く予定でした。
行き:マルセイユ→(ロンドン経由)→東京
帰り:高知→東京 東京→(ロンドン経由)→リスボン

この航空券はエクスペディアで予約したブリティッシュエアの航空券でした。行きは使用済。
3月初めの時点では、ポルトガルもブルガリアもコロナウィルスの感染者数が少なく、行けるかどうかb微妙なところ、悩みつつ高知まで行くことにしました。

 羽田で前泊したホテル

IMG_0257
マイステイズプレミア大森 コンフォートキング・ルーム 4,596円/2人
IMG_0254
部屋は広くゆったり、このお値段では申し訳ないような気がしました。
チェックイン時間より早く着いたので、荷物を預かってもらおうとフロントへ。掃除が済んでいる部屋があるということでチェックイン。この時少し埃っぽい部屋のように思えたのですが、荷物を置いてすぐ出かけました。夜帰って来て、部屋に入るとやはり埃っぽい。部屋とバスルームの間の格子戸の桟も埃だらけ、チェックインしてから時間が経っていたので空調機をかけたり拭いて過ごしました。コロナウィルスの影響で部屋が空いていて、掃除をしたのが何日前かだったのでしょう。残念なホテルでした。

 羽田空港ラウンジ

IMG_0264
ラウンジはガラガラでした。
IMG_0270
窓からの眺めは最高。エア・ドゥの特別塗装機「ベア・ドゥ北海道JET」が停まっていました。
IMG_0266
お台場のレインボーブリッジと観覧車が見えます。

 「歌舞伎」テーマのANA機内安全ビデオ

IMG_0271
ANAの機内安全ビデオが「歌舞伎」をテーマに新しくなっていました。
IMG_0274
惹きつけられる楽しい画面です。
IMG_0285
日本語と英語の字幕が流れ、最後にはメーキングのビデオも付いています。
ANAの機内はガラガラ。中央が通路、左右3席の機内でしたが、私達2人で3席。1人で乗った人は隣2つが空席になっていました。

 佐川町(高知県)

IMG_0306
高知駅から土讃線で50分、佐川町に行きました。
IMG_0307
良心市 
少し小さめのトマトですがどれでも100円。高知では無人販売の良心市を見かけます。
現金だけでなく、PayPayでも買うことが出来ます。進んでいますね。

 佐川文庫庫舎(旧青山文庫)

IMG_0288
鹿鳴館時代の面影を残した、県下最古の木造洋館。 須崎警察署の佐川分署として、もともと上町西方にありました。平成21(2009)年に現在の場所に移築されたそうです。
IMG_0313
1階入口
IMG_0315
2階
IMG_0291

 県指定文化財「名教館」

IMG_0292
多くの維新の志士や偉人を輩出した県指定文化財。
IMG_0298
安永元年(1772)佐川領主、深尾氏が家塾として「名教館」を創設。維新の志士や偉人を輩出、のちに郷校として士分の教育に資したそうです。

 司牡丹酒造株式会社

IMG_0295
土佐藩筆頭家老、佐川領主深尾氏に従って来た御酒屋が、慶長8(1603)年より創業した造り酒屋。400余年の伝統正しい醸造により生み出される土佐を代表する日本酒 を今も作っています。
IMG_0312
大きなタンクを積んでいます。このタンクには何リットルのお酒が入っているのでしょうか。
IMG_0301
ギャラリーほてい(司牡丹酒造のお酒のショールーム)
かつては料亭で詩文や書画を愛する人々の社交場となっていたそうです。 店内には司牡丹のお酒はもちろん、酒器、和雑貨なども並び、酒を愛する生活文化、食文化の形を提案してくれているそうです。
IMG_0299
観光案内所

 佐川町鳥瞰図

IMG_0309
立派な絵タイルで出来ています。
IMG_0310
下の説明も写真を転写したタイルのようです。
IMG_0302
薄ピンク色のモクレンの花が綺麗です。
IMG_0319
牧野富太郎ふるさと館
牧野富太郎は「日本植物学の父」と称される植物学者。展示室では、博士の遺品や直筆の手紙、原稿等を展示しています。コロナウィルスの影響でしばらく休館です。
佐川町でも休館している公共施設が多くありました。

 ブルガリア行きの変更

高知で2週間を過ごし、この先のヨーロッパへはどうしようかと悩んでいると、
日本がヨーロッパ全土に対して「感染症危険情報(レベル2不要不急の渡航中止(感染症)を発出」。
17日のEU会議でEU全体が30日間の国境封鎖を決めたので行くのは断念しました。

 ブリティッシュエアーは新しく航空券を取り直すには航空運賃の差額と税金の差額、再取得手数料がかかるとのことでした。値段は合計で1人13,000円程とのことでしたので、お願いしました。その場でカードで支払いし、6月に日程変更しました。
 リスボン、ナザレ、ソフィアの宿は全てBooking.comで予約していました。
全てキャンセル不可かキャンセル無料期間終了だったのですが、Booking.comは渡航制限が発令された国の予約などは無料でキャンセルできるようになっていました。

ブリティッシュエアーの予約は6月に変更したのですが、6月に行けるかは未定です。
日本で外出を控え、静かに家で終息を待つことにします。