リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

カテゴリ:ブルガリア > シプカ

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。
ヨーロッパの冬は厳しいので寒い季節は日本で暮らします。

2019年夏、LCCの格安航空券を見つけたのでポーランドへ約1ヶ月間、旅行に行ってきました。
その様子は2019年夏ポーランド旅行をご覧ください。

久しぶりにシプカに帰ってきました。
今日はシプカからバスで30分、バラの谷で有名なカザンラクの街に買い物に行きます。

 バラ公園のオブジェ

DSCN9992
バラが一杯のバラ公園、久しぶりに来ました。バラ博物館もこの公園の中にあります。
DSCN9989
新しいオブジェが沢山飾られています。
DSCN9993
何のオブジェなのかは不明。
DSCN9994
これはバラでしょうか。

 スーパー・ビラ

DSCN9985
カザンラク駅近くのスーパー・ビラに行きました。
ポーランドでも蜂蜜は名産品で沢山の種類がありました。ブルガリアにも沢山あります。価格はやはりブルガリアの方が安いようです。一番下の可愛いいバケツに入った蜂蜜 1kg 9.99LV(約600円)。
DSCN9991
サボテンの実が売っていました。南米ペルーの露店で売っていて、初めて食べました。
DSCN9992
中には粒々の種が入っています。

 ジャンキのコンポートとサクランボのジャム

DSCN9979
庭にジャンキ(西洋スモモ)の実が沢山実りました。この実を樽に詰めておくと発酵し、それを蒸留してブルガリアのラキア(強い蒸留酒)を作ることが出来ます。
DSCN9990
ラキアはアルコール度数の高いお酒です。今回は、コンポートの瓶詰めを作りました。
DSCN9959
6月に庭のサクランボを収穫。
DSCN9965
サクランボのジャムを瓶詰めにしました。
他にはイチジクの瓶詰め、きゅうりのピクルスなどなど。来年帰って来た時の楽しみに保存しておきます。

今月、9月末から日本に一時帰国、来年はまた4月から半年こちらで暮らします。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。
ヨーロッパの冬は厳しいので寒い季節は日本で暮らします。

2019年夏、LCCの格安航空券を見つけたのでポーランドへ約1ヶ月間、旅行に行ってきました。
その様子は2019年夏ポーランド旅行をご覧ください。

久しぶりにシプカに帰ってきました。庭の果物も収穫まじかです。
今日はお天気が良いので塩バターロールを作りました。

 塩バターロールを作りました

DSCN9983
お天気が良く暖かいので、パン作りには最高です。
DSCN9989
庭のブラックベリーも食べ頃になりました。
DSCN9999
種がこぼれて芽が出て、小さい人参ができました。
DSCN9996
葡萄も甘くなりました。左の下に見えているには桃です。ピンポン玉くらいの小さいものですが甘さは抜群、美味しいです。

 葡萄の収穫

DSCN9997
庭の葡萄が実りました。
DSCN9999
今日は大家さんのお手伝いをして葡萄を収穫します。
DSCN9986
今年は大豊作、何キロ採れたのでしょうか。半分はワイン、半分はラキア(ブルガリアの蒸留酒)を作ります。ワイン作りの様子は2018年ブルガリアでワイン作りをご覧ください。
DSCN9998
リンゴの木も今年は沢山の実をつけました。
DSCN9985
幼木で昨年までは少ししか実をつけなかったのですが、今年は沢山の実をつけました。
摘果(良い果実を得る為、余分な果実を摘むこと)も肥料もしていないのですが、ブルガリアでは果物も野菜もバラも良く育ちます。

ポーランド旅行から帰って来て、静かで安全なシプカでのんびりしています。
9月末には日本へ帰るのでそろそろ準備を始めなければなりません。

6月から9月までブルガリアで暮らしています。

1回近くの牧場へ牛乳を買いに行きます。牧場の前は広いひまわり畑になっています。

 ヒマワリが満開になりました

DSCN9999
雨が多かったり寒かったり、はっきりしない天気が続いていましたが夏らしい暑さになってきました。
DSCN9980
ヒマワリが満開になりました。
DSCN9985
牛乳を買った帰り、少し回り道をしてヒマワリ畑の中を歩いて帰りました。
DSCN9987
一面のヒマワリ畑、黄色い絨毯を敷き詰めたようです。
DSCN9991

DSCN9982
山を背景に広いひまわり畑が続きます。
DSCN9976
ヒマワリ畑の前の牧草地。刈った草ロールが干されています。
DSCN9984
広い広いヒマワリ畑、通る人は誰もいません。
これからヒマワリはカラカラになるまでそのまま。枯れてから刈られヒマワリ油になるようです。
ブルガリアの油といえばひまわり油が主で、ブルガリアではきゅうりとトマトの山ほどのサラダを作り、ひまわり油をで和え、上には白いシレーネチーズをかけます。このショプスカサラダをおつまみにラキア(強い蒸留酒)を飲み、おしゃべりに花を咲かせます。このショプスカサラダは白、赤、緑色でブルガリアの国旗と同じ色です。

 庭のカボチャと青じそ(左)

DSCN9992
庭のカボチャがどんどん伸びています。今年はブルガリアに来たのが5月の末だったので、野菜は青じそしか植えませんでした。
種を撒いていないのですが、かぼちゃが育っています。去年のカボチャの種がこぼれたのか、埋めた生ごみから芽が出たのか、不明??
どうしたのかなと思っているうち、5㎝程と3㎝の実が生っています。もっと出来そうです。水を上げて、草を取って成長を楽しみにしています。
青じそはきゅうりと塩もみにして、日本食を楽しみます。

 干し野菜を作りました

DSCN9986
お天気が良いので、ネットでお勧めの干し野菜を作りました。ズッキーニとマッシュルームと人参を干しました。太陽が一杯の美味しい干し野菜になりそうです。

今日は大好きなヒマワリを堪能できました。
野菜も美味しそうに干し上がり、ひまわり油で焼こうかと思っています。

5月末にブルガリアに帰ってきました。
シプカの家のサクランボが完熟しました。

 サクランボを収穫しました

DSCN9959
サクランボが完熟しました。今日は収穫。
今年は雨が多く、雨に会うとサクランボがカビてしまいます。サクランボの完熟を待って、雨の合間に収穫するのは大変です。
今年は天気が不安定で例年に比べ、収穫量が少なかったです。大きなバケツに1杯収穫しました。
DSCN9965
中瓶6個と小瓶2個出来ました。
サクランボを軽く洗い、種を取り、砂糖をかけて、1晩置きます。
煮詰め、瓶に詰め、煮沸消毒。手間暇がかかります。
無農薬、混ぜ物なしの美味しいジャムが今年は8瓶出来ました。
毎朝、手作りヨーグルトにかけて食べます。ブルガリア生活の1つの楽しみです。

 牛タンを買いました

DSCN9969
牛タン 792g 15.04Lv(約932円)
皮をむいて薄切りにします。
DSCN9972
霜降りの美味しそうな肉です。
DSCN9982
夕食に焼いて、レモン塩でいただきます。
DSCN9976
皮は千切りにして、醤油と砂糖で甘辛く煮ます。しこしこして美味しいです。

ブルガリアは肉も野菜も美味しく、安く大満足。幸せいっぱいです。

5月末成田からローマ経由でシプカ(ブルガリア)に到着。
6か月間のブルガリア生活の始まりです。
着いた次の日、早速買い出しに行きます。
シプカからバスに乗って30分、近くの街 カザンラクへ買い出しに行きます。

 シプカのバラ祭り

DSCN9976
シプカのバス停隣の民族博物館でバラ祭りが行われるようです。
DSCN9977
6月1日(土) 10時半からバラ祭りが行われるという看板を発見。
DSCN9979
近くの町のフォークロアの団も来てくれているようです。それぞれのグループごとにおそろいの衣装があるようです。
DSCN9980
シプカのフォークロア団の人の踊りが始まりました。昨年作ったおそろいの衣装で、黒の綿シャツの背中に赤字でシプカとプリントしてあります。
DSCN9982
「バラの畑から摘んできたダマスクローズ(香水用のバラ)を量って、誰が1番多く摘めたか競う」というところを再現しています。
DSCN9983
合唱が続きます。後ろの建物が民族博物館。
DSCN9988
ダンスが続きます。足元に見えるのは、撒かれた薄いピンクの小振りのバラ、ダマスクローズです。とても良い香りがします。

町のバス停でシプカのバラ祭りがあるという看板を発見。
ちょっと道草、素朴な田舎のバラ祭りを見ました。
1時間遅れでバスに乗って、近くの街 カザンラクへ買い物に行きます。

↑このページのトップヘ