リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

カテゴリ: 海外旅行

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、どこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。
2日目-3:ワルシャワ→日本 飛行時間10時間40分

 ポーランド航空機内

IMG_1667
機内は青と白で統一されてとても綺麗、座席と座席の幅もとても広く快適です。
IMG_1669
後部座席のブースはがらがら、5人程しか座っていませんでした。横3席を使って横になって寝ることも自由。
でも横になって寝るようにできていないのでごつごつして快適ではありませんでした。

 ポーラン航空機内食

IMG_1672
離陸後すぐに、夕食が出ました。
ハンバーグ・マッシュポテトとブロッコリーと人参添え、ツナサラダ・ハムトマト添え、マカロニサラダ、ケーキ、パン、水1.5Lのペットボトル1本
昨年2019年夏ポーランド旅行に行った時、ポーランド料理が美味しかったので期待していましたが、期待通り美味しかったです。1人に1本、大きなペットボトルの水がドンと配られたのにはビックリしました。
肉か魚か選べるのかと思ったのですが、一言もなく配られました。飲み物は何も聞かず通り過ぎ、後ろまでもらいに行きました。少し残念なサービスです。
IMG_1674
到着前に出た軽食
オムレツ・ハッシュドポテト・グリンピースソース添え、チーズ・ハム、果物、パン
食事が配られると、すぐ調査票が配られ、すぐ着陸。最後がとても慌ただしく、もう少しお客のことを考えて時間配分が出来ないのかと思いました。10時間40分も乗っているのですからーー。

 成田空港第1ターミナル到着

入国審査前にコロナウイルス検査があります。
① 係の人の案内で検査場所へ
試験管と漏斗を受け取り、個別のブースの中で唾液を試験管に貯めます。正面に梅干しとレモンの絵が掲示されています。唾液が貯まれば試験管を渡し、奥の部屋へ。
② 入口デスクで検査の間待つ座席の番号を教えてもらいます。次の列に並び、飛行機内で配られた『入国される方へ検疫所よりお知らせ3枚』と『質問票』の最終確認をしてもらう。
③ 検査が終わった人から番号が呼ばれ、奥のデスクへ。ここで検査結果を教えてもらいます。出口前で陰性の証明書をもらいます。

この後、入国審査場へ。入口前で陰性証明書の確認があります。
2人とも検査結果は陰性、ひと安心です。いつものように荷物を受け取り、税関検査を受け、外に出ることが出来ました。
飛行機到着から1時間40分程で外に出ることが出来ました。
14日間の指定場所で待機、公共交通機関に使用せぬこと、保健所からの健康確認(電話かLINE)が要請されます。
IMG_1677
北ウイングから成田近郊のホテル送迎の無料バスが出ています。出発は1時間に1本。
乗車には陰性証明書の提示が必要です。
成田のホテルに1泊。次の日友人が迎えに来てくれ、都内のアパートメントホテルに移動しました。

 東京で借りたアパートメントホテル

IMG_1680
1LDK 44,193円/14日間 
自粛期間をこのアパートメント過ごします。GO TOトラベルが使え、安く借りることが出来ました。 
IMG_1681
キッチン、バス・トイレ、洗濯機付きの綺麗な部屋です。
IMG_1682
保健所からは毎日メールが来て、体調・体温等を知らせます。
ここで14日間自主隔離します。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、どこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。
2日目-2:ワルシャワ・ショパン空港

 ワルシャワ・ショパン空港到着

IMG_1645
雲が多くどんよりとした天気です。
IMG_1648
到着ゲートを抜けると、道が左と右に分かれています。ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可するシェンゲンに入っている国へは左、以外は右に分かれています。
IMG_1651
シェンゲンの国に行くには左、水色の道へ。人が多くいます。
IMG_1650
シェンゲン以外の国へ行くには右、黄緑色の道へ行きます。
IMG_1649
シュンゲンへの出発便は右、シュンゲン以外の出発便は左の掲示板に表示されています。
IMG_1653
シェンゲン以外の国への荷物検査所入口
IMG_1652
検査を受ける人はいなく、係の人が所在無げに座っています。
検査所に水の持ち込みが出来ないこと、コロナウイルスの影響でシェンゲン以外の国へのエリアのラウンジは閉鎖されているようなので、この前のベンチに座って時間を潰します。
IMG_1654
外は少し暗くなってきました。
IMG_1656
待合室のベンチは密にならぬよう、隣に座らぬように黄色い紙が貼られています。
IMG_1662
シェンゲン外のラウンジはやはり閉鎖。
IMG_1661
便数が少なく、乗客が少ないので、ラウンジは閉まっています。
IMG_1663
こちらのラウンジも閉まっています。
IMG_1659
23:05 TOKYO-NARITA行き 今日の最終便に乗ります。
IMG_1664
出発時間まで水がないので、自販機で水を買いました。どれでも5ユーロ。カードで買えました。
IMG_1666
出発ゲート近くの人の少ないところで8時間待ちます。人が少ないせいか少し涼しく、鉄の椅子は固く寒いです。
出発便数が少ない為乗継ぎが悪く、待ちの1日です。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
ブルガリアで3ヶ月、11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、今回はどこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。

ブルガリアから日本へ1日目:バスと電車で首都ソフィアまで行きます。電車が遅れると心配なのでソフィアで前泊、明日飛行機に乗ります。

 シプカからカザンラクへ

IMG_1581
私達の住む町シプカから朝7:20のバスでカザンラク街へ行きます。
シプカ町の中心、バスセンター。少し明るくなってきました。以前は1時間に2本あったバスは新型コロナウイルスの影響で1時間に1本になりました。
IMG_1582 - コピー
黄色の建物はバスの待合所。これから寒くなり、この中でおしゃべりしながらバスを待ちます。
IMG_1584
バス乗り場の柳の木が色づいてきました。

 カザンラクバスターミナルと国鉄駅

IMG_1585
カザンラクバスターミナル
バスで30分、2.2Lv(約66円)、バスターミナルに到着。 
IMG_1586
カザンラク国鉄駅
バスターミナルの向かい側に国鉄駅があります。
IMG_1587
駅ホームで電車を待ちます。改札も柵もなく、駅舎脇からもホームに入れます。
8:22発カザンラク→ソフィア 約3時間30分
IMG_1589
1等車座席指定 15.05Lv(約903円)
電車の中はとても綺麗。いつもはコンパートメント(仕切りのある個室)でしたが、透明な仕切りが2か所ほどある客車でした。コロナの影響で密にならないように配慮されているのでしょうか。
1車両に家族連れと残り5人、全部で10人程しか乗っていませんでした。ちょっと奮発して1等車にして良かった。
IMG_1594
ソフィア駅からトラムに乗って宿まで行きます。

 knyaheska ソフィア公園

IMG_1595
首都ソフィアの中央にある大きな公園です。チェックインまで時間があったので、公園のベンチで持ってきたサンドイッチを食べました。
IMG_1597
鉄板を丸くしたような面白い遊具がありました。勢いを付けて走り、上まで登るようです。上からは滑り台のように滑って降ります。こちらの学校は2部制で12時半に終わって帰る子供達が遊んでいました。
IMG_1602
ソビエト陸軍記念碑
IMG_1598
側面のレリーフも凄いです。
IMG_1606
正面入口両側にも群像がありました。
IMG_1600

IMG_1599

 ソフィアでかりた宿

IMG_1610
1ルーム バストイレ付き 50Lv(約3000円)。コロナの影響で泊まる人が少ないのか、首都ソフィア中心部の部屋が安く借りられました。
IMG_1613
バストイレ付きの綺麗な部屋です。
IMG_1614
ソフィアは新型コロナウイルスが拡大しているので、レストランには行かず、近くのスーパーで惣菜を買ってきて部屋で夕食。
日本へ帰国1日目 バス・電車も空いていて良かったです。なんとか首都ソフィアまで来ることが出来ました。
明日ソフィア空港から、ワルシャワ経由で日本に帰ります。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

例年のように3月初めから、ブルガリアへ行く予定でした。
ブリティッシュ・エアウェイズの便は、8月に変更。まだまだ先と思っていた出発日が近づいてきました。

いよいよ出発です。 8月13日(木)東京泊
14日羽田発→(ブリティッシュ・エアウェイズ)→ロンドン→ロンドン泊
15日ロンドン発→(ブリティッシュ・エアウェイズ)→ソフィア(ブルガリア)→ソフィア泊
16日ソフィア→(バス)→カザンラク→(バス)→シプカ

 ロンドンからソフィア(ブルガリア)へ

IMG_1258
飛行時間3時間10分 ブリティッシュ・エアウェイズで出たスナック
フライトポテト、プレッツェル、水と除菌ウエット
飛行機内はほぼ満員。搭乗の時は全員マスク着用でしたが、座ってマスクを外して飲み物を飲みながら大声で話したり、外したマスクを着けなかったり。ヨーロッパ内の飛行なので気が緩んでいるのでしょうか。落ち着かない時間を過ごしました。

 ソフィア空港(ブルガリア)到着

IMG_1260
飛行場隅には、エンジンに赤いカバーを掛けられて停められている飛行機が沢山ありました。ブルガリア発着の便はキャンセルが多く、待機中の飛行機が一杯のようです。
ブルガリアのソフィア空港では入国審査後、臨時に置かれたようなテーブルの前に2人の女性審査官がいて、どこの国からの入国か聞かれました。日本からと答えると、2、3枚ほどのプリントを調べて、OKということですぐに荷物受取所に入ることが出来ました。

 メトロでホテルへ

IMG_1265
空港第2ターミナルに隣接のメトロで中央バスターミナル近くのホテルに行きます。
公共交通機関の中はマスク着用が基本ですが、してない人もちらほら。ポケットから皺くちゃのマスクを出して着ける人もいました。
IMG_1268
メトロ・セルディカ駅で乗換え ホームに遺跡で発掘された品々が展示されています。
IMG_1269
ソフィアで泊まった宿 Twin Apartment & Rooms ツインルーム、バストイレ付き。3,194円/1泊/2人
ホテルに荷物を置いて、明日のバスの切符を買いに行きます。

 ソフィア・ライオン橋

IMG_1270
ソフィア中央駅と中央バスターミナル近く、ヴラダヤ川に架かるライオン橋。橋の四隅の欄干にライオン像があります。ライオンはブルガリアのシンボル、あちこちで見かけます。ブルガリアの地図を見て頂くと分かりますがブルガリアの国はライオンの形をしています。
IMG_1271
ライオン橋から繁華街を通るマリアルイーザ通り。正面に見えるのは聖ネデリャ教会。
IMG_1275
左角に建つのはホテル・ライオン・ソフィア。老舗のホテルです。
IMG_1277
緑色のお洒落なトラムが走っています。
IMG_1278
焼きたての大きなピザが1Lv(約60円)
個別包装をしてなく、ショーケースに並んでいます。食べようか、やめようか悩んだのですが、誘惑に負けました。味はいつもと変わらず美味しいです。

 ソフィア2日目:バスでカザンラクへ行きます

IMG_1280
12時発のUNION・IVKONIバスでソフィア~カザンラクに行きます。所要時間 約3時間

 バラで有名なカザンラクの街

IMG_1283
カザンラクの街から自宅のあるシプカへはバスで30分、2.2Lv(約130円)。
以前はカザンラク~シプカへのバスはウィークデイは30分に1本、土日は1時間に1本。今はウィークデイは1時間に1本、土日は2時間に1本になっていました。今日は日曜日なので次のバスまで時間が一杯、少し散策します。
IMG_1284
カザンラクの街のセンター公園(毎年6月に行われるバラ祭りのセンター会場)
今年はバラ祭りは中止。いつもと変わらぬように見えます。外でマスクをしている人は見かけません。
IMG_1285
公園脇にあるチェシマ(ミネラルウォーターが湧き出でる水汲み場)
変わらず、皆が水を飲んだり、汲んだりしています。
IMG_1282
銀行のATMの前は距離を取って並んでいます。
IMG_1286
焼きたてのパン屋さん
パン、ピザ、チーズを巻いたバニッツアが約1Lv(約60円)。変わらない値段で売っています。
日本のように新型コロナウィルスの影響ですべてが個別包装になるなどということはありません。
IMG_1294
街のあちこちにバラが綺麗に咲いています。
IMG_1295
ロータリーの噴水脇にもバラが咲いています。

 スイカの最盛期

IMG_1297
八百屋さんの店先のライトバンの荷台にスイカが一杯。
IMG_1298
店の入口にもスイカがゴロゴロ。
IMG_1301
露天のスイカの山。今は1Kgー0.5Lv(約30円)が相場のようです。最盛期に1Kg-0.35Lv(約21円)位まで下がります。日本の大玉スイカは5Kg位、ブルガリアは何でも大きく中玉で5Kg、大玉8~10Kg。この辺にゴロゴロおいてあるスイカが8Kg位、240円です。
IMG_1302
日本では高級でなかなか手が出せないスイカ。スイカ大好きな私には、うれしい光景です。

 バスでシプカ町に行きます

IMG_20200817_111523
カザンラクからバスで30分、私達が住む町シプカに到着しました。10ヶ月ぶりの我が家です。
庭の綺麗なお家があります。いつも手入れが行き届いていて、前を通るのが楽しみです。
IMG_20200817_111534
以前 日本人が借りていたそうで、とても親日的なお宅です。
IMG_20200817_112002
可愛いい猫ちゃんが2匹、ポーズを取ってくれました。今年生まれた小猫ちゃんかな。

8月13日(木)出発 羽田→ロンドン経由→ソフィア 8月16日(日)無事シプカに着きました。
ロンドン、ブルガリアとも日本からの入国に検査や隔離はありませんでした。
これから14日間自宅で、自主隔離します。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

例年のように3月初めから、ブルガリアへ行く予定でした。
ブリティッシュエアーの便は、8月に変更。まだまだ先と思っていた出発日が近づいてきました。

いよいよ出発です。 8月13日(木)東京泊
14日羽田発→(ブリティッシュ・エアウェイズ)→ロンドン→ロンドン泊
15日ロンドン発→(ブリティッシュ・エアウェイズ)→ソフィア(ブルガリア)→ソフィア泊
16日ソフィア→(バス)→カザンラク→(バス)→シプカ 

 ブリティッシュ・エアウェイズでロンドンへ

IMG_1209
久し振りに飛行機に乗りました。眺めは最高!!
IMG_1217
JALとの協同便。席は横2,3,2の7席。私達の列は2人、通路を挟んで隣は空席、1人、空席、通路、2人。グループ以外の人が隣同士に座らないよう配慮されています。席はゆったり、前の席との間も広めです。
6月に予約した時は1日3便の予定が今は1日1便、しかもJALとの協同便。その便も空席を作らなくてはならない。航空会社もこれでは大変でしょう。
海老蔵さんがJALのようこそと機内モニター画面で挨拶をしてくれます。

 機内食[料理人コンペティション「RED U-35」]

IMG_1210
歴代ファイナリストのシェフ達による監修メニューです。うまみそぼろのお花見弁当(田中シェフ)・チキンのコルドンブルー(山本シェフ)から選べます。
IMG_1212
うまみそぼろのお花見弁当(田中シェフ) 配色が綺麗な日本風のお弁当です。
IMG_1211
チキンのコルドンブルー(山本シェフ)
IMG_1213
チキンの挟み焼がのったペンネ。 お洒落な機内食です。
IMG_1216
付け合せは左から三重なばなの辛子和えあおさ海苔厚焼き玉子(田中シェフ)、白身魚の桜蒸し(田中シェフ)、小エビとポテトの紫蘇ジェノベーゼ(山本シェフ)。フレッシュサラダ ドレッシング添えハーゲンダッツ アイスクリーム、コーヒー、紅茶、緑茶。もちろんアルコールもあります。

到着まえの機内食

IMG_1222
AIR MOS CAFEサラダ仕立てのタコライス、シークワーサーとライチのゼリ、サラダ。

AIR MOS CAFEサラダ仕立てのタコライス

 ロンドン・ヒースロー空港に到着

IMG_1225
12時間30分の旅を終え、ロンドン・ヒースロー空港ターミナル5に到着。
自動化ゲート(e-Gates)を通り、入国。アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、シンガポール、韓国のパスポート所持者は自動化ゲートが通れます。
IMG_1226
1階到着エリアの端にある荷物預かり所
ソフィア(ブルガリア)までの便は明日なので、空港近くのホテルに1泊。大きなキャリーバックは空港に預けました。12.5GBP(約1,750円)/24時間 支払いにカードが使えるので、ポンドはいりません。今回は新型コロナが怖いので、観光はなし。ホテルに直行するので、ポンドへの両替はしませんでした。
IMG_1229
空港入口には消毒液が置いてあります。ノズルの下に手をかざすと自動で消毒液が出ます。
IMG_1231
路線バスでホテルに行きます。ホテルまでのバス代は無料です。
バスの座席は向き合って座らないよう、片側の座席に紐が貼ってあります。

 ロンドンで泊まったホテル

IMG_1233
ibisホテル ロンドンヒースロー
ツインルーム 5,966円/1泊/2人
IMG_1236
入口通路と出口通路が赤いロープで分けてあります。
IMG_1234
清潔な部屋です。湯沸しポット付き。
羽田からロンドンまで飛行時間12時間30分、普段の旅より緊張した分疲れました。日本から持参した食べ物を部屋で食べ、ホテルから出ず、早寝します。

 ロンドン2日目

IMG_1239
2階建ての赤いバスが走っています。
久し振りのロンドン、残念ながら今回は観光なし。ゆっくり観光ができるようになって欲しいものです。
IMG_1244
ヒースロー空港1階到着エリア
IMG_1240
チェックインまで時間があるので、人が少ない1階のエリアで休憩。
IMG_1246
風通しの良い外の公園で休憩したかったのですが、喫煙場所のようです。

 Bag Dropカウンター

IMG_1243
チェックイン時間になりました。チェックインはネットで済んでいるので、Bag Dropカウンターへ。
IMG_1248
自動Bag Dropカウンターで、パスポートをチェック、荷物を預けます。
この後、セキュリティチェックを受け、制限エリアに入ります。
IMG_1251
待合室はかなりの人。
IMG_1252
空港内なので、ほとんどの人がマスクをしています。

 プライオリティパスで入れるASPIREラウンジ

IMG_1253
食べ物は個別包装になっています。マカロニサラダ。
IMG_1254
BOXに入った、グラタンと野菜のトマト煮
IMG_1255
マーフィンも個別包装されています。
IMG_1256
アルコールなどの飲み物はカウンターで注文します。生ビールを頼みました。
コロナ禍の折、混雑を避けラウンジでゆったりとした時間が過ごせるのはうれしいです。

 ラウンジが無料で使えるお勧めのカード


楽天カードプライオリティパスがあれば国内・海外の空港でラウンジが使えます。
このプライオリティパスを発行するなら楽天プレミアムカードが1番。
海外旅行傷害保険が付いていたり、楽天スーパーポイントも貯まりやすいのでお勧めのカード。
年会費が10,000円+税がかかりますが海外旅行に年1回以上行く方はお勧め。詳しくはこちらから。
prioritypass99






ラウンジで休憩後、ソフィア(ブルガリア)行きブリティッシュ・エアウェイズに乗ります。

↑このページのトップヘ