リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

カテゴリ:ブルガリア > 食べ物

いよいよ明日出発!
ソフィア(ブルガリア)→ブラチスラバ(スロバキア)→プラハ(チェコ)→成田 で日本に帰ります。
夜から雨が降り気温も10度を切りました。
今年は9月になっても暖かい日が続き、帰るまでにペチカを焚かなくても済みました。でも冬はそこまで来ています。

 瓶詰めの保存

DSCN8209
春・夏に作った瓶詰めを段ボールに詰め来年まで保存します。
サクランボのジャム・コンポート、イチゴのジャム・コンポート、ラズベリーのジャム・コンポート、ジャンキのコンポート、ブラックベリーのコンポート、グミのジャム・コンポート、イチジクのコンポート、きゅうりのピクルス。
グミのジャム・コンポートは今年初めて作りました。詳しくはグミのコンポートグミのジャムサクランボのジャムイチジクのコンポートをご覧ください。
来年のお楽しみです。

 コスモスの種を保存

DSCN8188
もう終わりのコスモスの花です。もっと最盛期の写真を撮っておけば良かったのですが。
DSCN8178
種が沢山採れました。来年はのコスモスを沢山植えます。

 プルーンの種

DSCN8180
カザンラクの露店で売っていたプルーン。実が大きくとても美味しかったです。
美味しそうな実の写真を撮り忘れました。
食べた後の種は干しておきました。来年撒きます。芽が出ると嬉しいのですが。

冬の間留守にするので、トマトやきゅうりの畑の片付けをしたり、ボイラーの水を抜いたり忙しい1日でした。
シプカともお別れ、半年間ありがとう。また来年きま-す。

明日からブラチスラバ(スロバキア)、プラハ(チェコ)、チェスキークロムロフ(チェコ)の観光を書きます。

イチジクが沢山収穫できました。
直径5-6㎝程の大きいイチジクなので食べきれません。
イチジクはそのままにしておくとすぐダメになってしまうので、来年の為にコンポートにします。

 イチジクの収穫

DSCN7804
全部で1500gありました。

 コンポート作り

DSCN7815
8パーセントの砂糖(お砂糖控えめ)とレモン汁をかけて、水分が出るのを待ちます。
DSCN7822
焦がさないよう弱火で、実が崩れないように煮ました。実がふっくらと膨らんで来たら出来上がり。
DSCN7829
600cc入るガラス瓶2個と少し出来ました。煮沸消毒をして完成。
来年3月にブルガリアに来た時いただきます。
春先は果物が少ないので今から備蓄です。

大好きなスイカの季節になりました。今年初めてスイカを買いました。
価格も1Kg 0.35Lv(約23円)にまで下がりました。

 大玉スイカ

DSCN7745
大きさは750mlのワインの瓶と比べる一目瞭然。
8.6kg 3.02Lv(約200円)。日本のスイカの値段から比べると嘘のようです。
スイカはトラックの後ろに山積みで売っていたり、お店でも大きな段ボールにゴロゴロと入っています。
もちろん持って帰る為の網の袋や、ビニール袋はありません。それが安さの秘密かもしれません。
ブルガリアの人は力持ちで丸のまま両手で抱えて持ち帰ります。
DSCN7747
半分に切って見ると、大当たり。真っ赤に熟れてで美味しそうです。
DSCN7790
早速いただきます。冷やさなくても甘くて最高。大玉のスイカはやはり美味しいです。
明日冷えたのを食べるのがもっと楽しみです。
大きいスイカなので、私たち2人で1日に8分の1食べるのがやっと。
ブルガリアの人は2-3人で1回か2回で食べてしまいます。

 スイカの皮

DSCN7792DSCN7799









捨てようと思ったスイカの皮ですが、調べて見るとスイカの皮には、シトルリンが沢山(赤い実の部分の2倍近く)含まれているそうです。
初めて聞いたシトルリンという名前ですが、アミノ酸の一種で、血管の拡張を促し血の巡りを良くする作用があるそうです。
赤い実の部分も入れて、8mm程の薄切りにして軽く塩漬けにしました。赤い部分の甘さと青い部分の歯触りが塩気と合って美味しくいただけました。

暑い夏は台所で火を使うのも大変。そんな時役立つのが缶詰。
今日も真夏日、時短で美味しく夏を乗り切る簡単メニューを作りました。

 ニシンのマスタードソース缶

DSCN7724
ニシンがフィレになっていてマスタードソース漬けになっています。
200g 2.5Lv(約165円)
DSCN7727
中はこんな感じです。マスタードの効いたさっぱりしたソースです。
DSCN7731
今日は魚のスパゲティ マスタードソースです。
スパゲティの時短の茹で方は裏ワザ1をご覧ください。いつもの半分の時間でしこしこに茹で上がります。
茹で上がりに塩胡椒とオリーブオイルをかけて混ぜ、
昨日残しておいた焼き野菜(ズッキーニとジャガイモとマッシルーム)を上に。
後はニシンのマスタードソースをかけるだけ。あっという間に出来ます。
付け合わせは夏野菜(ナス、インゲン、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ)のコンソメ煮。
夏に負けぬよう夏野菜一杯です。

イチジクの時期になりました。毎日どんどん熟してきます。
ブルガリアの人はおしゃべりをしながら、大きなボールいっぱいのイチジクを食べてしまいます。

 イチジクの収穫

DSCN7662
直径6㎝程の大きな実が今日は12個収穫できました。ジューシーで美味しいです。
DSCN7640DSCN7642









まだまだ沢山収穫できそうです。

 この鳥の名前?

DSCN7660
完熟の実に突かれたような跡があります。食べたのはこの鳥かな?
名前が知りたくて調べたのですが分かりませんでした。もしかしたら、鶯か?
DSCN7668
私達が食べるのは二人で毎朝2つか3つというところです。
すぐカビてしまうので、食べきれない分は取りあえず冷凍保存。
貯まったら、コンポートにしようかと思います。来年の春にブルガリアに来た時のために。
無農薬の美味しいイチジクが食べきれないほど採れるのはありがたい限りです。

↑このページのトップヘ