リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

タグ:カザンラク駅

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
ブルガリアで3ヶ月、11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、今回はどこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。

ブルガリアから日本へ1日目:バスと電車で首都ソフィアまで行きます。電車が遅れると心配なのでソフィアで前泊、明日飛行機に乗ります。

 シプカからカザンラクへ

IMG_1581
私達の住む町シプカから朝7:20のバスでカザンラク街へ行きます。
シプカ町の中心、バスセンター。少し明るくなってきました。以前は1時間に2本あったバスは新型コロナウイルスの影響で1時間に1本になりました。
IMG_1582 - コピー
黄色の建物はバスの待合所。これから寒くなり、この中でおしゃべりしながらバスを待ちます。
IMG_1584
バス乗り場の柳の木が色づいてきました。

 カザンラクバスターミナルと国鉄駅

IMG_1585
カザンラクバスターミナル
バスで30分、2.2Lv(約66円)、バスターミナルに到着。 
IMG_1586
カザンラク国鉄駅
バスターミナルの向かい側に国鉄駅があります。
IMG_1587
駅ホームで電車を待ちます。改札も柵もなく、駅舎脇からもホームに入れます。
8:22発カザンラク→ソフィア 約3時間30分
IMG_1589
1等車座席指定 15.05Lv(約903円)
電車の中はとても綺麗。いつもはコンパートメント(仕切りのある個室)でしたが、透明な仕切りが2か所ほどある客車でした。コロナの影響で密にならないように配慮されているのでしょうか。
1車両に家族連れと残り5人、全部で10人程しか乗っていませんでした。ちょっと奮発して1等車にして良かった。
IMG_1594
ソフィア駅からトラムに乗って宿まで行きます。

 knyaheska ソフィア公園

IMG_1595
首都ソフィアの中央にある大きな公園です。チェックインまで時間があったので、公園のベンチで持ってきたサンドイッチを食べました。
IMG_1597
鉄板を丸くしたような面白い遊具がありました。勢いを付けて走り、上まで登るようです。上からは滑り台のように滑って降ります。こちらの学校は2部制で12時半に終わって帰る子供達が遊んでいました。
IMG_1602
ソビエト陸軍記念碑
IMG_1598
側面のレリーフも凄いです。
IMG_1606
正面入口両側にも群像がありました。
IMG_1600

IMG_1599

 ソフィアでかりた宿

IMG_1610
1ルーム バストイレ付き 50Lv(約3000円)。コロナの影響で泊まる人が少ないのか、首都ソフィア中心部の部屋が安く借りられました。
IMG_1613
バストイレ付きの綺麗な部屋です。
IMG_1614
ソフィアは新型コロナウイルスが拡大しているので、レストランには行かず、近くのスーパーで惣菜を買ってきて部屋で夕食。
日本へ帰国1日目 バス・電車も空いていて良かったです。なんとか首都ソフィアまで来ることが出来ました。
明日ソフィア空港から、ワルシャワ経由で日本に帰ります。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに入れました。14日間の自宅での自主隔離も終わり、ブルガリア生活が始まりました。
今年は残念ながらヨーロッパ旅行はあきらめ、近くの街カザンラクとコプリンカ湖を観光しました。

 カザンラクの街

IMG_1457
シプカからカザンラクの街へバスで行きます。カザンラクはバラの谷として知られる街、毎年6月にはバラ祭りが開かれ世界中から観光客が訪れます。
バスの車窓から、丸くロールにした牧草が見えます。冬を感じさせる眺めです。

 バラの谷のカザンラク駅

IMG_1546
国鉄カザンラク駅 ここから首都ソフィアまで3時間半。
カザンラクはバラの谷といわれる街で小さいピンクのバラ:ダマスクローズの畑が沢山あります。
このダマスクローズの花を摘んで蒸留し、ローズオイルを抽出、香水の原材料としてヨーロッパに輸出しています。

 ダマスクローズ

ダマスクローズ2
カザンラクの街の郊外には広いバラ畑が沢山あります。今年は6月にブルガリアに行けなかったので、昨年 バラ摘みをした時の写真です。
ダマスクローズ1
少し小さめの可愛いピンクのバラです。
ダマスクローズ3
摘んだバラを日陰干し。部屋中に良い香りが漂います。毎日上下を返します。
ダマスクローズ5
ガクの部分に香りの素があるそうです。

 バラ公園

IMG_1467
カザンラクの中心から歩いて5分程のところにある広い公園です。
IMG_1460
冬の準備が始まりました。
IMG_1462
白い石、赤と緑のチップでバラの花の形が描かれました。
IMG_1466
ベンチも沢山あり市民の憩いの場になっています。
IMG_1463
バラ博物館
以前は街から離れたところにあったのですが、公園の中に移転し綺麗な建物になりました。
IMG_1468
カジノがあります。

 中央広場

IMG_1283
カザンラクの街の中心にある広場です。6月に毎年行われるバラ祭りの時は、舞台が作られ、沢山の人で賑わいます。
IMG_1472
噴水とバラのモニュメント
IMG_1285
水汲み場チェシマ
公園の端にミネラルウオーターが湧き出るチェシマと呼ばれる水汲み場があります。
IMG_1471

 バラ祭り

バラ祭り
オープニングセレモニー
カザンラク市長の挨拶。右のピンクのレイをした女性はバラの女王(中央)と準バラの女王(両側)です。
今年はバラ祭りも中止になってしまい、この写真は2017年のものです。
バラ祭り2
広場前の大通りでバラ祭りのハイライト、パレードが行われました。
バラ祭り3
民族衣装を着たフォークロアダンスの人達。
バラ祭り4
日本からも沢山の観光客が訪れました。
バラ祭り1

 インフォメーションセンター

IMG_1478
中でカザンラクの地図と案内をくれます。残念ながらブルガリア語のみ。
IMG_1480
福岡県宗像市とカザンラク市が姉妹都市になっています。毎年9月に福岡県宗像市でブルガリアフェスティバルが開かれているそうです。今までのポスターがインフォメーションセンター外に掲示されていました。
IMG_1488
ヤポンカ(日本女性)像
IMG_1487
2015年に作られた像です。在ブルガリア日本国大使夫妻がバラ祭りの時に訪れ、除幕式が行われました。

 コプリンカ湖

IMG_1490
ブルガリア中央部にある貯水池、ダム。 1944年に建設が始まり、1956年に竣工しました。カザンラクからトゥンジャ川を西へ7キロメートルのところにあります。
IMG_1493
市の中心から離れたところにあり、バスではいけないのですが、綺麗な観光地です。
IMG_1494
ブルガリアを東西に横切るバルカン山脈を背景にコプリンカ湖が綺麗です。
IMG_1499

 元ブルガリア共産党本部ブドジャ

IMG_1504
左上の山の尾根に煙突と丸い円盤のような建物が見えます。
1981年から1991年まで使用された元ブルガリア共産党本部ビルです。記念碑的建造物として保存が期待されているのですが、修復維持の予算が確保できないという理由で放置されています。廃墟マニアの間では有名な建物だそうです。
ブドジャ1
2018年7月ブルガリアの英雄ハジ・ディミタル(Хаджи Димитър)の没後150年の式典があり、臨時バスがカザンラクのセンターから出ました。貸し切りバスで山の中腹まで連れて行ってくれました。バス代は往復で4Lv(約260円)。誰でも、日本人も乗れました。この写真はその時撮ったものです。
ブドジャ2
まるで宇宙船のような元ブルガリア共産党本部の建物です。
ブドジャ3
中は廃墟になっていて、入ることが出来ません。
2020年10月 アメリカの援助で修復が始まったというニュースを見ました。修復後また行ってみたい建物です。
IMG_1505
ゲオルギ・ディミトロフ像
ダムの近くに像が建っていました。ゲオルギ・ディミトロフは、ブルガリアの政治家。ブルガリア人民共和国の閣僚評議会議長、コミンテルン書記長、ブルガリア共産党書記長を務めた英雄だそうです。

今年は新型コロナウイルスの影響でブルガリア国外の旅行は出来ませんでした。
バラの谷で有名なカザンラクとコプリンカ湖を観光しました。

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。

急用が出来て香港へ行くことになりました。期間は1週間しかないので、ちょっと強行軍です。
日程はシプカ→カザンラク→ソフィア→{夜行バス}→ブタペスト→アムステルダム経由→香港(2泊)→日本(2泊)→パリ経由→ブタペスト→ソフィア(1泊)→カザンラク→シプカ 

 カザンラクから国鉄で首都ソフィアへ

DSCN9812
田舎ののどかな駅です。お昼発の電車で首都ソフィアへ行きます。
DSCN9817
バラの谷の駅です。駅前には沢山のバラが咲いています。道路を挟んで向かい側にバスターミナルがあります。
DSCN9818

DSCN9821
駅の切符売り場。電光掲示板もあります。
DSCN9823
電車が来るまでホームのカフェでひと休みの人達。ブルガリア人はコーヒーとおしゃべりが本当に大好きです。電車が来る前に放送があり、線路を渡って隣のホームから電車に乗ります。電車で3時間半、首都ソフィアに到着します。
DSCN9824
夜行バスの出発は22:35なのでまだ時間があります。ソフィアのメインストリートを散策。

 夜行バスでソフィア→ブタペストへ

DSCN9826
このFLIXバスで出発。途中ブルガリア出国、セルビア入国、セルビア出国、ハンガリー入国検査があります。バスはその都度起こされ、パスポートチェックがあるので結構大変です。今回同じバスのマレーシア人グループがブルガリア出国で1時間、セルビア入国で1時間チェックを受けました。観光ビザで労働するのではないかと疑われ、セルビアで入国拒否、バスから降りました。この後セルビアのイミグレーションでどうなったのでしょうか。夜中で交通手段もなく、セルビアには入れず、ブルガリアに戻れたのか??
結局バスは3時間遅れでブタペストのバスターミナルにやっと到着しました。
DSCN9828
メトロとバスを乗り継いでブタペストの空港へ。ブタペスト→香港の飛行機の出発時間に余裕を持たせてあったので、慌てずに済みました。

 KLMオランダ航空の機内食

DSCN9829
ブタペスト→アムステル経由で出た軽食。「Tasty Blue(テイスティブルー)」と名付けられたKLMオランダ航空の機内食はオランダのデルフト焼きをモチーフとしたモダンなデザインを取り入れています。紙ナプキンには青い風車が描かれています。
DSCN9830
ジュースを入れるカップにもチューリップと自転車と飛行機の模様があって、とても可愛いです。
DSCN9832
アムステルダム→香港で出た機内食。夕食のミートボール。サラダとデザートとチーズとクラッカー付き。中央のナプキンとカトラリーが入った透明な袋にレース模様が印刷されています。
DSCN9833
夕食のチキン。サラダとデザートとチーズとクラッカー付き。
トレイの上の敷紙にもオランダのデルフト焼きをモチーフにした風車柄のお皿が描かれています。
DSCN9835
朝食。容器のカバーにも風車のお皿が描かれています。
DSCN9836
中はオムレツ、Mixフルーツとヨーグルトとパン。
「Tasty Blue(テイスティブルー)」と名付けられたKLMオランダ航空の機内食はとても洒落、味もとても美味しかったです。

次回は香港到着後の様子を書きます。夕食には飲茶を食べに行きます。

↑このページのトップヘ