リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

タグ:クルミ

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
ブルガリアで3ヶ月、寒くなってきました。今日は朝からどんよりとした曇り空、ペチカを一日中焚いています。
11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、どこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。

 ブルガリアの冬

IMG_1576
週1回バスで近くの街カザンラクまで買物に行きます。途中の並木が真っ赤に紅葉しました。
楓の葉に似たぎざぎざの葉です。調べて見たら、アカガシワの木のようです。
IMG_1577
西洋ネギ(リーキ)とキャベツを積んだライトバンが通り脇に出現。
長い西洋ネギとキャベツが出回る季節になりました。キャベツはまとめて10、20個とたくさん買って、大きな樽に塩水漬けにして、冬の間食べるようです。
IMG_1579
リンゴ屋さん
リンゴの収穫の時期だけ開くリンゴ屋さんです。真中に並んでいるのはジャガイモ5Kgでしょうか。

 クルミを収穫

IMG_1568
庭のクルミが沢山採れました。
IMG_1569
寒い日は家でテレビを見ながら、家で作業。殻を割って実を取り出します。これが結構大変、実より殻の量が多いです。
IMG_1571
ペチカで実を炒り、殻はペチカで燃やします。
IMG_1573
クルミを沢山入れてクルミパンを焼きました。

日本へ出発まであと2日。冬の間、雪や風で倒れないようラズベリーやバラに添え木をしたり、風よけを作ったり、落葉を周りに集めたり、いろいろ考えてしました。来春まで冬に負けず元気でいて欲しいと願いを込めてーー。

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。
今年は都合で12月までブルガリアで暮らします。
シプカは暖冬。9月29日からペチカを焚き始めましたが、その後暖かい日が続きペチカを焚くのは夕方から。ペチカを焚くと暖かく夜の冷えは感じられません。ペチカは料理も出来、とても便利です。

 ペチカでいろいろな物を調理

DSCN9975
上にはヤカンと鍋。
DSCN9970
真中のオーブンでパンも焼けます。
DSCN9966
クルミパンとリンゴパンを焼きました。
DSCN9963
庭のクルミが採れるようになりました。ペチカでクルミも焼けます。

 リンゴの大量消費

DSCN9951
リンゴも沢山採れます。消費しきれず、少し砂糖を入れて煮て見ました。
DSCN9952
シャキシャキ感が残るように軽く煮てみました。
DSCN9956
赤い皮を残して煮たのでほんのりピンク色に仕上がりました。

 山盛りリンゴのアップルパイ

DSCN9996
生のリンゴを沢山入れてアップルパイを作りました。
DSCN9998
皮も手作りのアメリカンアップルパイ。リンゴが焼ける良いにおいが漂います。
焼き上がりの写真を撮り忘れました。

 ペチカで壺焼き料理

DSCN9977
トロヤン焼きの壺を貰いました。
DSCN9978
ロール白菜を作り、ペチカのオーブンに入れて焼きました。入れて置くだけでトロトロにおいしく煮えました。白菜、大根はブルガリアでも買うことが出来ます。日本のモノより少しすじっぽいですが、美味しく食べられます。
ブルガリア人の知り合いから貰ったトロヤン焼きの壺、これから役立ちそうです。

↑このページのトップヘ