リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

タグ:シプカセンター

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに来ることが出来ました。
ブルガリアで3ヶ月、11月中旬日本に帰ります。ブルガリアもヨーロッパも感染が拡大しているので、今回はどこにも寄らず真直ぐ日本に帰ります。

ブルガリアから日本へ1日目:バスと電車で首都ソフィアまで行きます。電車が遅れると心配なのでソフィアで前泊、明日飛行機に乗ります。

 シプカからカザンラクへ

IMG_1581
私達の住む町シプカから朝7:20のバスでカザンラク街へ行きます。
シプカ町の中心、バスセンター。少し明るくなってきました。以前は1時間に2本あったバスは新型コロナウイルスの影響で1時間に1本になりました。
IMG_1582 - コピー
黄色の建物はバスの待合所。これから寒くなり、この中でおしゃべりしながらバスを待ちます。
IMG_1584
バス乗り場の柳の木が色づいてきました。

 カザンラクバスターミナルと国鉄駅

IMG_1585
カザンラクバスターミナル
バスで30分、2.2Lv(約66円)、バスターミナルに到着。 
IMG_1586
カザンラク国鉄駅
バスターミナルの向かい側に国鉄駅があります。
IMG_1587
駅ホームで電車を待ちます。改札も柵もなく、駅舎脇からもホームに入れます。
8:22発カザンラク→ソフィア 約3時間30分
IMG_1589
1等車座席指定 15.05Lv(約903円)
電車の中はとても綺麗。いつもはコンパートメント(仕切りのある個室)でしたが、透明な仕切りが2か所ほどある客車でした。コロナの影響で密にならないように配慮されているのでしょうか。
1車両に家族連れと残り5人、全部で10人程しか乗っていませんでした。ちょっと奮発して1等車にして良かった。
IMG_1594
ソフィア駅からトラムに乗って宿まで行きます。

 knyaheska ソフィア公園

IMG_1595
首都ソフィアの中央にある大きな公園です。チェックインまで時間があったので、公園のベンチで持ってきたサンドイッチを食べました。
IMG_1597
鉄板を丸くしたような面白い遊具がありました。勢いを付けて走り、上まで登るようです。上からは滑り台のように滑って降ります。こちらの学校は2部制で12時半に終わって帰る子供達が遊んでいました。
IMG_1602
ソビエト陸軍記念碑
IMG_1598
側面のレリーフも凄いです。
IMG_1606
正面入口両側にも群像がありました。
IMG_1600

IMG_1599

 ソフィアでかりた宿

IMG_1610
1ルーム バストイレ付き 50Lv(約3000円)。コロナの影響で泊まる人が少ないのか、首都ソフィア中心部の部屋が安く借りられました。
IMG_1613
バストイレ付きの綺麗な部屋です。
IMG_1614
ソフィアは新型コロナウイルスが拡大しているので、レストランには行かず、近くのスーパーで惣菜を買ってきて部屋で夕食。
日本へ帰国1日目 バス・電車も空いていて良かったです。なんとか首都ソフィアまで来ることが出来ました。
明日ソフィア空港から、ワルシャワ経由で日本に帰ります。

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに入れました。14日間の自宅での自主隔離も終わり、ブルガリア生活が始まりました。

私達が住んでいるシプカはブルガリア中部の町、人口は1,000人程。首都ソフィア→(バスか電車で3時間)→バラ祭りで有名なカザンラク→(バスで30分)→シプカの町に着きます。
一時期は日本人が10家族ほど住んでいたそうですが、今は男性1人、女性1人が定住しています。
親日的な人が多く、静かな田舎町です。
町にあるのは、マガジン(雑貨店)、ホテル、小学校、教会、牛・馬・山羊・鶏、庭に沢山の野菜や果物が実る、一杯の自然。
町にないものは、銀行、病院、薬局、娯楽施設。

 シプカの中心

IMG_1515
シプカの町の中心はバスセンターです。近くの大きな街カザンラクまでここからバスで30分。広いバスセンターの脇に公園があります。近年綺麗に整備されて、石造りの野外舞台も出来、夏祭りもここで行われます。
IMG_1519
町の教会

 民族博物館

IMG_1563
お洒落な建物です。博物館脇の庭で、シプカバラ祭りが行われます。
DSCN9988
今年はバラ祭りの季節に来られなかったので昨年の写真です。昨年の様子はシプカバラ祭りをご覧ください。
IMG_1517
お洒落な水場も造られました。
IMG_1518
バスの待合室
寒い季節はこの中でバスを待ちます。
IMG_1523
センターにあるマガジン
バス停近くに3軒のマガジン(雑貨屋さん)があります。食料品、日用品の大体の物はここで買うことが出来ます。価格もそんなに高くありません。
IMG_1520
町の中心にあるホテル
全部で10軒ほどのホテルがあります。

 シプカ僧院

IMG_1558
1877~78年露土戦争の舞台となったシプカ峠の少し下に戦争で犠牲になったロシア兵を慰霊する為に僧院が作られました。
IMG_1560
金色の玉ねぎ型の塔が美しい僧院です。朝8時と夕方5時、僧の方が塔の上の鐘を鳴らし美しいメロディーを奏でてくれます。
IMG_1559
町の人の憩いの場になっています。
IMG_1554
僧院から降りて行く途中、山羊を飼っている場所があります。夕方になると、この山羊たちがベルの音を鳴らしながらメイメイと町を散歩します。
IMG_1557
シプカの町の眺め
僧院から降りて行く途中、町全体が良く見える場所があります。赤瓦と白壁と緑の美しい眺めです。

静かで自然を満喫するには最高の場所です。

↑このページのトップヘ