リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

タグ:ドウロ川

2018年2月末、ポルトガルとスペインを旅行してブルガリアに帰ります。
ポルトガルではリスボンペニシェ、ポルトと大西洋側をバスで北へ移動します。
ポルト1から続きます。
今日はポルトガル名物ビファナ(ポルトガル風ハンバーガー)を食べて、ドウロ川とドン・ルイス1世橋に行きます。
DSCN9779
メトロ・トリンダーデ(Trindade)駅から歩いて行きます。トリンダーデ駅は近代的な大きな駅です。

 ポルトガル名物ビファナを食べにコンガ(CONGA)へ

DSCN9783
黄色い丸に「CONGA」が目印。
DSCN9785
グリーンワイン(「Vinho Verde」ヴィニョヴェルデ)弱発泡性の白ワインです。250ml、1.2ユーロ
DSCN9787
ポルトガル名物ビファナ 2.5ユーロ。ピリ辛ソースで煮込んだ豚肉をパンに挟んだものです。汁がパンにしみて美味しいです。食べごたえあり。
DSCN9786
これもポルトガル名物、フランセジーニャ(フランスの女の子という意味の軽食)。7.5ユーロ
DSCN9788
パンに肉とハムを挟み、チーズと卵を載せて焼き、トマトソースをかけたもの。初めての食感、濃厚で身体が暖まります。+ペプシコーラで合計12.4ユーロ。
昼食前で店はすいていました。ウエイターもフレンドリーで楽しく美味しく、食事が出来ました。リーズナブルでお勧めのお店です。

 市庁舎とリべルダーデ広場

DSCN9790
お店を出ると市庁舎前広場がすぐです。
DSCN9791
ベランダを支える女性?の彫刻
DSCN9794
市庁舎前の
リベルダーデ広場に水場がありました。木陰に椅子とテーブルがあります。ちょっと休憩。
DSCN9813
変わったモニュメント。その前の騎馬像は
ドン・ペドロ4世像。
DSCN9814
いろいろな像があります。
DSCN9815
周りの建物も豪華です。入口ドア上にはライオン、上の彫刻は?
DSCN9817
騎士の像?
DSCN9818
面白いお店もあります。
DSCN9821
抜けるような青空、白い建物も素敵です。
DSCN9826
中央に建つドン・ペドロ4世騎馬像。
DSCN9825
騎馬像の側面の彫刻
DSCN9831
ポストと彫像。パフォーマンスの人ではありませんでした。左奥はサン・ベント駅。
DSCN9840
サンベント駅、ポルト大聖堂の脇を通り、ドン・ルイス1世橋が見えてきました。

「Gelados de Portugal」でポルトガル名物オヴォシュ・モーレシュを買いました

DSCN9842
橋の手前にあるお店でポルトガルのお菓子を買いました。
DSCN9847
オヴォシュ・モーレシュ、150g 3.75ユーロ
白い最中のような貝形の皮に卵黄クリームが入ったお菓子です。とろっとしたアンが美味しいです。長崎の鶏卵そうめんの原型のようなアンです。
DSCN9846DSCN9843









アイスクリームやケーキもあります。
DSCN9845
お店の中はとても綺麗、ケーキやコーヒーも食べられます。

 ドン・ルイス1世橋の上層橋を渡ります

DSCN9848
橋は1886年完成。
幅8mの2層構造になっています。上層の長さは395mで、下層の長さは174m。
上層はメトロと人、下層は車と人が通ることができます。
DSCN9851
急に曇ってきましたが、人はいっぱいです。
DSCN9854
暗雲漂うという感じで黒い雲が覆っています。川の南側がポートワインの醸造所が沢山ある所です。
この後 橋を渡って南側
に行きます。
DSCN9864
橋の上は地上45mの高さです。
DSCN9866
東隣の橋がインファンテ橋(Ponte do Infante)、右上に見えるのがセラ・ド・ピラール修道院(Mosteiro da Serra do Pilar)。
DSCN9870
ドウロ川と街並みが綺麗です。川の右岸に続くリベイラ広場が見えます。
DSCN9885
蛇行するドウロ川、ずーと向こうの河口付近にアハビダ橋(Ponte do Arrabida)がみえます。
DSCN9888
橋を渡るとメトロ・モロ公園(JARDIM DO MORRO)駅に出ます。
DSCN9895
メトロがやってきました。
DSCN9899
モロ公園。緑がいっぱいの公園です。
DSCN9907
綺麗な駅にメトロが通っています。
DSCN9914
今渡ってきた
ドン・ルイス1世橋。2層橋になっています。左上にポルト大聖堂の双塔が見えます。
DSCN9924
公園脇の道を降りて行きます。ゴンドラに乗ることも出来ます。

DSCN9929
凄い急坂を下って行きます。
この後 ドウロ川の川岸まで降りて、南側のポートワインの醸造所がある場所を散策します。

2018年2月末、ポルトガルとスペインを旅行してブルガリアに帰ります。
ポルトガルではリスボンペニシェ、ポルトと大西洋側をバスで北へ移動します。
ポルト1から続きます。
アパートメントから歩いて、ポルト歴史地区に行きます。ポルト歴史地区1から続きます。
美しい街並みを楽しみながら、ポルト大聖堂から坂を下り、ブルサ宮殿、サンフランシスコ教会へ行きます。
DSCN9670
ブルサ宮殿前のエンリケ航海王子公園とメルカド(右の赤い建物)が見えてきました。

 ブルサ宮殿

DSCN9671
19世紀に建造されたネオ・クラシック様式の建物。現在はポルト商工会のオフィスになっています。入場はガイドツアーのみ。手前がエンリケ航海王子公園。

DSCN9697
右側はワイン・テイスティングルームになっています。

DSCN9711


DSCN9699

DSCN9701

DSCN9703
彫刻で飾られた大理石の階段や、グラナダ(GRANADA)のアルハンブラ宮殿(LA ALHAMBRA)を模した「アラブの間」(SALAO ARABE)は見もののようです。
DSCN9705

DSCN9707
ドアの装飾までも繊細です。

Jardim do Infante Dom Henrique(エンリケ航海王子公園)

DSCN9679
ボルサ宮殿の前が公園になっています。真ん中に建つのがエンリケ航海王子の像
DSCN9688
台座にも写実的な像があります。
DSCN9689
エンリケ航海王子
DSCN9691

DSCN9695

 パロキアル・デ・サン・ニコラウ教会(Igreja Paroquial de São Nicolau )

DSCN9685
公園の下にある教会
DSCN9709
正面にアズレージュが施された繊細な感じのする教会です。

 サンフランシスコ教会

DSCN9718
ゴシック様式の教会。バロック様式の内部装飾で知られています。
ユネスコの世界遺産。入場料6ユーロ。

DSCN9719
外観と違い内部は豪華絢爛。ターリャドウラーダ(金泥細工)が施されています。
DSCN9713
教会前に路面電車が通っています。
DSCN9721
レトロでお洒落な路面電車。観光客で一杯です。

DSCN9729

DSCN9715
教会の前がドウロ川。
DSCN9725
向こう岸はポートワインの醸造所がある地域です。
DSCN9732
観光船が行き交います。
DSCN9735
川沿いの道を通って帰ります。
DSCN9749
アパートメント近くのお気に入りのパン屋さん。明日の朝食のパンとお菓子を買いました。
DSCN9739
層になった薄いパンの様なもの。上にメレンゲをかけて焼いてあります。パン屋さんのショーウインドーで良く見かけます。名前は不明。今までに食べたことのない食感の甘いお菓子。

ポルトの歴史地区を歩いて回りました。見どころの多い素敵な場所でした。
明日はドウロ川とドン・ルイス1世橋に行きます。

↑このページのトップヘ