リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

タグ:ブドジャ(廃墟)

ブルガリアの田舎町シプカで暮らしています。
4月から9月はブルガリア、10月から3月は日本で暮らしています。

新型コロナウイルスの影響で今年は8月中旬やっとブルガリアに入れました。14日間の自宅での自主隔離も終わり、ブルガリア生活が始まりました。
今年は残念ながらヨーロッパ旅行はあきらめ、近くの街カザンラクとコプリンカ湖を観光しました。

 カザンラクの街

IMG_1457
シプカからカザンラクの街へバスで行きます。カザンラクはバラの谷として知られる街、毎年6月にはバラ祭りが開かれ世界中から観光客が訪れます。
バスの車窓から、丸くロールにした牧草が見えます。冬を感じさせる眺めです。

 バラの谷のカザンラク駅

IMG_1546
国鉄カザンラク駅 ここから首都ソフィアまで3時間半。
カザンラクはバラの谷といわれる街で小さいピンクのバラ:ダマスクローズの畑が沢山あります。
このダマスクローズの花を摘んで蒸留し、ローズオイルを抽出、香水の原材料としてヨーロッパに輸出しています。

 ダマスクローズ

ダマスクローズ2
カザンラクの街の郊外には広いバラ畑が沢山あります。今年は6月にブルガリアに行けなかったので、昨年 バラ摘みをした時の写真です。
ダマスクローズ1
少し小さめの可愛いピンクのバラです。
ダマスクローズ3
摘んだバラを日陰干し。部屋中に良い香りが漂います。毎日上下を返します。
ダマスクローズ5
ガクの部分に香りの素があるそうです。

 バラ公園

IMG_1467
カザンラクの中心から歩いて5分程のところにある広い公園です。
IMG_1460
冬の準備が始まりました。
IMG_1462
白い石、赤と緑のチップでバラの花の形が描かれました。
IMG_1466
ベンチも沢山あり市民の憩いの場になっています。
IMG_1463
バラ博物館
以前は街から離れたところにあったのですが、公園の中に移転し綺麗な建物になりました。
IMG_1468
カジノがあります。

 中央広場

IMG_1283
カザンラクの街の中心にある広場です。6月に毎年行われるバラ祭りの時は、舞台が作られ、沢山の人で賑わいます。
IMG_1472
噴水とバラのモニュメント
IMG_1285
水汲み場チェシマ
公園の端にミネラルウオーターが湧き出るチェシマと呼ばれる水汲み場があります。
IMG_1471

 バラ祭り

バラ祭り
オープニングセレモニー
カザンラク市長の挨拶。右のピンクのレイをした女性はバラの女王(中央)と準バラの女王(両側)です。
今年はバラ祭りも中止になってしまい、この写真は2017年のものです。
バラ祭り2
広場前の大通りでバラ祭りのハイライト、パレードが行われました。
バラ祭り3
民族衣装を着たフォークロアダンスの人達。
バラ祭り4
日本からも沢山の観光客が訪れました。
バラ祭り1

 インフォメーションセンター

IMG_1478
中でカザンラクの地図と案内をくれます。残念ながらブルガリア語のみ。
IMG_1480
福岡県宗像市とカザンラク市が姉妹都市になっています。毎年9月に福岡県宗像市でブルガリアフェスティバルが開かれているそうです。今までのポスターがインフォメーションセンター外に掲示されていました。
IMG_1488
ヤポンカ(日本女性)像
IMG_1487
2015年に作られた像です。在ブルガリア日本国大使夫妻がバラ祭りの時に訪れ、除幕式が行われました。

 コプリンカ湖

IMG_1490
ブルガリア中央部にある貯水池、ダム。 1944年に建設が始まり、1956年に竣工しました。カザンラクからトゥンジャ川を西へ7キロメートルのところにあります。
IMG_1493
市の中心から離れたところにあり、バスではいけないのですが、綺麗な観光地です。
IMG_1494
ブルガリアを東西に横切るバルカン山脈を背景にコプリンカ湖が綺麗です。
IMG_1499

 元ブルガリア共産党本部ブドジャ

IMG_1504
左上の山の尾根に煙突と丸い円盤のような建物が見えます。
1981年から1991年まで使用された元ブルガリア共産党本部ビルです。記念碑的建造物として保存が期待されているのですが、修復維持の予算が確保できないという理由で放置されています。廃墟マニアの間では有名な建物だそうです。
ブドジャ1
2018年7月ブルガリアの英雄ハジ・ディミタル(Хаджи Димитър)の没後150年の式典があり、臨時バスがカザンラクのセンターから出ました。貸し切りバスで山の中腹まで連れて行ってくれました。バス代は往復で4Lv(約260円)。誰でも、日本人も乗れました。この写真はその時撮ったものです。
ブドジャ2
まるで宇宙船のような元ブルガリア共産党本部の建物です。
ブドジャ3
中は廃墟になっていて、入ることが出来ません。
2020年10月 アメリカの援助で修復が始まったというニュースを見ました。修復後また行ってみたい建物です。
IMG_1505
ゲオルギ・ディミトロフ像
ダムの近くに像が建っていました。ゲオルギ・ディミトロフは、ブルガリアの政治家。ブルガリア人民共和国の閣僚評議会議長、コミンテルン書記長、ブルガリア共産党書記長を務めた英雄だそうです。

今年は新型コロナウイルスの影響でブルガリア国外の旅行は出来ませんでした。
バラの谷で有名なカザンラクとコプリンカ湖を観光しました。

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。

ブルガリアの英雄ハジ・ディミタル(Хаджи Димитър)の没後150年の式典を見に行きました。
場所はブドジャ(УЗЛУДЖА(BUZLUDZHA))、山の上に見える元ブルガリア共産党本部の中腹にあるモニュメントです。
ブルガリア英雄の式典1から続きます。

 150年前の戦闘シーンの再現

DSCN9936
音楽とナレーションが聞こえ、戦闘シーンが始まりました。
英雄ハジ・ディミタル(ХаджиДимитър)1868年オスマン・トルコの支配に反対して民族蜂起を起こそうとした部隊の先頭に立ったことで知られています。緑の旗を持った人がハジ・ディミタル?と思われます。
DSCN9949

DSCN9950

DSCN9960

DSCN9964
オスマン・トルコ(ブルーの服に赤の帽子)との戦いが始まります。
DSCN9968
辺りは火薬の煙で白くなるほど、赤い閃光も見えます。
DSCN9969

DSCN9973

DSCN9975

DSCN9984

DSCN9985

DSCN9988

DSCN9994

DSCN9997
結局、部隊は全滅ーー。
DSCN9999

DSCN9873
英雄ハジ・ディミタルは紛争の中で命を失いました。天使が現れたのか?
DSCN9877
戦闘シーンは終わり、思い思いに記念撮影。
DSCN9878
オスマン・トルコ軍の方も撤収です。
DSCN9882

DSCN9883

DSCN9885
式典が終わり、広場に戻ってきました。ブルガリアの旗や綿シャツを売るお土産屋さん。
DSCN9886
手作り靴下とバッグを売っています。

 羊スープの振舞いがありました

DSCN9889
広場の横には、大きな鍋が3つ。鍋の中身は羊のスープでした。司祭さんがお祈りを捧げ、スープとパンが振る舞われました。
DSCN9894
見た目は油ギトギトなのですが、食べてみると意外とあっさり。ブルガリアの少しパサパサのパンと良く合って、美味しかったです。
DSCN9897
広場の舞台では民族衣装の人達の唄や踊りが続きます。
DSCN9900
広場の木陰で休憩する人、舞台での歌や踊りを見る人、みんな楽しそうです。
DSCN9903
帰りのバスが待つ駐車場へ。道の途中で枝ぶりが変わった木が沢山ありました。
DSCN9905

DSCN9907
これは人面樹?
DSCN9910
ブドジャ(廃墟となった元ブルガリア共産党本部)の下の道を通ります。
DSCN9914
カザンラクの町がはるか下に見えます。

今日は朝8時半シプカ発のバスに乗って、カザンラクへ。
カザンラクから貸し切りバスに乗って、英雄ハジ・ディミタルの没後150年の祭典に行きました。
150年前の戦闘シーンの再現を見たり、美味しい羊のスープを頂いたり、楽しい1日を過ごすことが出来ました。

↑このページのトップヘ