リタイア生活~ロングステイの地を求めて

60歳でリタイア、快適なロングステイの地を娘と探しています。
暖かい時期はブルガリアに滞在、
寒い時期はどこが良いか、探し中。
足腰の丈夫なうちに海外旅行も楽しみたいと思っています。

タグ:牧場

今年は5月末から10月初めまでブルガリアのシプカという田舎町で過ごします。
日本への往復の飛行機を取りました。
行き10月初め ソフィア(ブルガリア)→マルセーユ(2泊)→ロンドン経由→羽田
帰り3月中旬   羽田→ロンドン経由→LIS 71,430円/1人
行きはマルセーユ2泊、帰りはリスボンで滞在予定です。

 牛乳を買いに牧場へ

DSCN9975
週に1回、町外れの牧場に牛乳を買いに行きます。
DSCN9969
のどかな風景です。
DSCN9966
牛さんが美味しそうに夏草を食べています。
後ろ上に白い三角と金の塔が見えます。露土戦争で亡くなったロシア兵とブルガリア兵を慰霊するために1902年に建立された修道院です。金色の部分は本物の金でできているので、いつでもピカピカです。
DSCN9964
牧場前のラベンダー畑が紫色に色づいてきました。
DSCN9973
野アザミが咲いています。凄いトゲトゲで痛そうです。
DSCN6996
牛乳4L 6Lv(約372円)。昨年末1Lで1Lv(約62円)から1.5Lv(約93円)に値上がりしました。
バス代も昨年1.8Lv(約111円)→2Lv(約124円)→2.2Lv(約136円)と2度値上がり、
ブルガリアはインフレ傾向です。
牛乳を煮沸してヨーグルトも作ります。ヨーグルト作りの様子はブルガリアでヨーグルト作りをご覧ください

 庭のミントが大きく育ちました

DSCN9976
半分干して、半分はミントティーにします。
DSCN9978

DSCN9979
良い香りが出てきました。
DSCN9986
チョコウエハースと一緒にいただきます。
一番左のウエハースだけ、格子の方向が違います。日本でしたら検査が厳しく弾かれる所ですが、ブルガリアではあまりうるさいことを誰も言いません。この緩さが良いのかもしれません。

4月~9月までブルガリアのシプカという町で暮らしています。
今年は都合で12月までブルガリアで暮らします。

毎週1回歩いて10分程の町はずれの牧場へ牛乳を買いに行きます。

 草原で馬の親子を見つけました

DSCN9894
馬の親子が牧場前の草原で仲良く草を食べています。
DSCN9892
青々とした草とはいかず、草もだいぶ枯れてきました。
DSCN9895
この牛さん達の牛乳を買いに来ました。
DSCN6996
買って来た牛乳は4Lで4Lv(約260円)。帰って牛乳とヨーグルトを作ります。

 牧場の帰り道

DSCN9896
紅葉とシプカ僧院の金色の塔が綺麗です。
DSCN9898
後ろの山も少し色づいてきました。
DSCN9899
日1日と秋から初冬になっていきます。
DSCN9901
ローズヒップの実が赤く色づいています。シプカという名のバラのローズヒップです。町の人はお茶にして飲みます。
DSCN9902
これもお茶にして飲む実です。
DSCN9904
実を採っているおじさんに出会いました。名前を教えてもらったのですが、忘れました。
DSCN9887
かりんの実が綺麗な黄色になってきました。鈴なりです。

 町はずれのレストラン

DSCN9906
町はずれにレストランがあります。
DSCN9907
写真付きのメニュー看板がありました。
写真左上から2番目、ショプスカサラダ(ブルガリアの伝統的サラダ)350g4.5Lv(約293円)。写真右上から4番目ケバプチェ(ひき肉の長い肉団子)80g1.5Lv(約98円)。
ブルガリアは価格表示も明瞭、手軽な価格で食事ができます。
DSCN9910
クラシックな水場があります。
DSCN9912
大きな薪が歩道に干してあります。夏の間大きい薪のままで干しておきます。
DSCN9914
こちらは長い薪を切って割ったもの。冬前に割って、軒下や地下の保存場所に仕舞います。
この冬仕事が結構大変です。
DSCN9919
山が色づいてきました。

今年はありがたいことに暖冬、ペチカを焚くのもまだ夕方から。でも冬はもうそこまで来ているようです。

↑このページのトップヘ